「どこでもできるのがアシュタンガヨガの魅力です」【HANAEインタビュー②】

数あるヨガの流派の中でも最も歴史あるものとされているアシュタンガヨガ。雑誌などのアンケートの「挑戦してみたいヨガ」でも常に上位に挙がるこのアシュタンガヨガのインストラクターとして大活躍しているのがHANAEと芥川舞子だ。その二人がコラボレーションするクラスが、7月25日(火)にスポルテックにて行われる。そのアシュタンガヨガの魅力についてHANAEに直撃した。

普段から筋トレをしている人にこそ受けてもらいたい

――アシュタンガヨガの魅力とはなんでしょうか。
HANAE サンスクリット語ですべてのポーズをカウントしながら進めていくので、世界中で同じ練習ができるんです。例えば旅行先でその国の言葉がわからなくても、共通のことをやっているのでできてしまう。どこででもできるっていうのが魅力ですね。また、長い歴史があるものが繋がれて今、自分のところに来ているというところです。やはりすごくいいものだから、長く続いていると思うんです。歴史が長いということは、それだけ効果なり、プラスの作用なりがあるからで、これからも長く続いていくと思う。それを繋いでいくことを今、仕事としてやらせてもらっているということもすごく魅力です。

――運動量・動きに関してはどうですか。
HANAE アシュタンガヨガはポーズを行う順番が決まっているから、覚えちゃえば家でもできるんですよね。今日やろうって決めたら、決まっている順番をただやっていく。体で覚えるのが目的で、頭を使わない。毎日決まったことをやるから、昨日との比較で自分の身体の状態がよくわかる、という良さがありますね。

――今回のセミナーは、どういった方に受けてほしいですか。
HANAE アシュタンガヨガは、筋肉の中でも一番奥の層の、深層部を使っていくものなんです。フィットネス系の方が普段使われているはアウター系の筋肉が多いと思うのですが、そのせいか「普段から運動しています」っていう、見た目がムキムキの方が意外とできない場合があるんです。かといって、普段動いていらっしゃる方だとリラックス系のヨガでは物足りない。アシュタンガは、運動量もありつつ、普段動いている方が使っていないところを感じながら動ける要素がすごくあるので、今回スポルテックに来られるような方にはピッタリだと思いますね。普段使っていないところを目覚めさせると今やっていることのパフォーマンスも上がると思うので、是非、普段から筋トレをメインにされているような方にも受けてほしいですね。

――じゃあ、ムキムキの人でも…
HANAE もう全然いいと思います。ムキムキの人がヒーヒー言いながらナヴァアサナ(船のポーズ)とかやってほしいって思いますね(笑)。腸腰筋などのインナー系を鍛えるので、女性でも、インナーマッスルを鍛えることで普段から綺麗に真っ直ぐな姿勢を保つことができる。なので女性の方も、自分の身体を作るとか守るっていう意味ですごくいいものだと思います。

こちらがナヴァアサナ(船のポーズ)

――芥川さんとは三回目のコラボとなります。
HANAE 過去2回も大して打ち合わせもしなかったんですけど(笑)、凄く息が合うんですよね。受けていただいた方にも「なんか心地が良かった」と言ってもらえています。多分そういう雰囲気が出ているのかなと思います。なので2人の空気感を感じてもらいたいです。あと、2人いると、1人が話しているときはもう1人がアジャストする。もしくはポーズを一緒に取ることができるので、先生のポーズも見れらるしアジャストも細かく入っていけるんです。そういったところも1人では無理な部分なので、2人だからこそできることだと思いますね。

――ご自身がスポルテックで楽しみにされていることはなんでしょうか。
HANAE 今回セミナーを依頼されるまではスポルテック自体を知らなかったので、日本最大級のフィットネスイベントって知って、こんなすごいイベントがあるんだ! って思っていました。場所もビッグサイトという広い会場で、広いところならではのスタジオにはない解放感とか、自分も楽しみにしています。そこで新たな出会いもあると思いますし、その出会いで何が生まれるかという部分も楽しみですね。

取材・文/安 多香子

日時/7月25日(火)10:30~12:00
場所/東京ビッグサイト 東1~3ホール
受講料/¥4,000(事前) ¥5,000(当日)
【お問い合わせ】
SPORTEC事務局 03-6273-0403
https://www.sports-st.com/