「トレーニングを楽しんでいますか?」(高橋夏美)【マッチョ女子倶楽部⑲】

みなさまこんにちは、高橋夏美です。
これまで、フィットネスビキニの選手になって1年目の大会出場について書いてきました。

突然ですがみなさん、トレーニングを楽しんでいますか?
10回目の今回は、トレーニングをすることの意味について私が普段思うことを書いてみようと思います。

私が20代でトレーニングをはじめたきっかけはダイエットでした。
フィットネスジムに通うきっかけ、運動を始めようと思うきっかけで一番多い理由の一つではないでしょうか?

私はもともとすごく太っていたわけでも痩せていたわけでもなく、普通の体型です。
ただ、じつは10代のころにも一度パンパンに太ってしまったことがあります。学生時代は体育の授業もあるし、意識して運動をすることはありませんでした。
太ってしまったときは運動も特にしていなかったし、体づくりや栄養に関する知識もなかったので、
「カロリー制限」をすること=「ダイエット」➔「痩せる」
と思っていました。

今の私なら、絶対にしないことですが、当時は1日1食。しかも夜にケーキだけ!とか、お腹が空いても我慢して豆乳を飲んだり、カロリーがない寒天を食べたり、本当に不健康極まりなかったというか……。

結果、とても痩せました。
でも、気づいたら拒食症になって、摂食障害でその後何年も悩むことになりました。体もただ細いだけでは綺麗じゃないこともわかりました。ご飯も普通に食べることができなくて、大変な時期もありましたがこのままじゃいけないと気づいて、間違った食事は直そうと努力しました。

だって、一生食べる量を減らして生きていくなんて無理ですよね(笑)。

それと同時に、トレーニングにも出会うことができたので運動と食事の知識を自分なりに勉強して、今は「健康的」で「継続できる」「美しい体づくり」を目指しています。自分の体をずっと好きでいられるように、継続して行える食事方法や運動で、しっかり食べて、しっかり運動して、楽しく毎日過ごすことが私の目標です。

私の中では運動がすでに生活の一部になっていますが、トレーニングをすることがプレッシャーになっているときもありました。痩せるために、毎日やらなきゃ!とかたくさん運動しなきゃ!と無理をしてしまうのは逆効果になることもあります。

以前、ある有名なボディビルダーさんに「毎日トレーニングばっかりしてないで、デートしてきなさい(笑)」と言われたことがありました(笑)。運動も頑張りすぎないで、ケアと休養もうまくバランスをとることが大切ですね。
まだまだそこは上手くできていないので、次の課題です!(*_*)