「胸」と「大胸筋」の境目は?【筋トレ女子会 ぶっちゃけトーク! Vol.7】

ゴールドジムに通うキャリアウーマンの酒井さん、コンテスト出場経験もあるOL、花しずかさんが筋トレ女子の日常について語るこのコーナー。今回は、鍛えている女性ならではの悩みがテーマ。
聞き手/VITUP!編集部

 

<写真左>花しずか
1986年8月17日、東京都出身。トレーニング歴は約2年。コンテスト出場を機に“筋肉の世界”にガッツリはまり、「10時と3時のおやつはプロテイン」という筋トレ大好き系OL。趣味は映画鑑賞、テニス、格闘技。好きな種目はベンチプレス。

<写真右>酒井菜穂子
1976年9月24日、熊本県出身。普段は金融系の企業に勤めるキャリアウーマン。トレーニング歴は約3年。“巨乳”になるべくインクライン・ダンベルフライで大胸筋上部を強化中。趣味はDIY、アロマキャンドル作り、石鹸作りと気になるものはなんでもやってみる性格であるも、熱しやすいが冷めやすく…。「ただ、トレーニングだけは長く続いています!」

――必ずしも「いい体になりたい」イコール「モテたい」ではないのですね。

花 モテたいからダイエットする人って、そもそもダイエットする必要がないくらいの体型の人が多いように思う。むしろ、それ以上ガリガリになるとにモテないよって。ちょっと肉付きがいいほうが男性は好きなはず、バキバキよりは。

酒井 そりゃそうだよね。

花 デブまではいかないくらいのポッチャリさがちょうどいい。でも最近、私の体、固くなってきちゃった。見た目はムチムチでも、触ると固い。たまに他の女の子ポチャッとしている二の腕を触ると、気持ちいいって思います。自分にないものなので。

酒井 会社にすごく細い女の子がいるんだけど、ガリガリなんだろうなと思って腕を触ってみたら、意外と柔らかくて。「あ、女性の肌ってこんな感じなんだ」って。

花 そうそう! 吸い付くような柔らかい感じ。

酒井 そうか、男性が女性を抱いたときの感触って、こんな感じなんだと。

花 そう! これが男心かって。

――なんですか、このオッサンみたいな会話は(笑)。

酒井 痩せている女の子でも、二の腕を触ると柔らかいんですよ。

――女性は二の腕の柔らかさと胸の柔らかさは一緒だと言いますよね。

酒井 あー、私たちは「胸」というより「大胸筋」。 ここの谷間、おっぱいじゃなくて大胸筋の谷間なんですよ。

花 そうそう。ここまではおっぱいなんですが…。

(しばらく大胸筋とおっぱいの境界線の話がつづく)

酒井 大胸筋と、いわゆる乳房の間に段差ができるんですよ。

花 そう。絞れば絞るほど脂肪がなくなっていって、大胸筋が目立つようになっていく。筋肉があって、その上に丸い脂肪が乗っているという感じになる。

酒井 ポコポコっと、二段になっている。

――新鮮な卵を割ったときみたいな感じ?

酒井 そうそう!

花 そんな感じ!

酒井 私はもともとガリガリで、おっぱいを大きくしたかったんです。それで男性のトレーナーの方に相談したら、「おっぱいは大きくはならない。でも大胸筋上部の筋肉をつければ、大きく見せられる」って。

花 おっぱいは永遠に大きくならない。

酒井 でもほら、鳩胸っぽくなれば多少ごまかせるから。

――ごまかせるって(笑)。

酒井 減量したらカップ変わる?

花 2カップ変わる。

酒井 2カップも減らしたら、私のおっぱいなくなっちゃうじゃん。

花 女性は大胸筋、いりませんよね。トレーニングして大胸筋にある程度の厚みが出てきたら、それ以上はやっちゃダメ。胸が四角くって、ガンダムみたいになっちゃう。

――鍛えている女性の方も、大胸筋をピクピク動かすことはできるのですか。

酒井 なかなかできないです。

花 トレーニングしているときは胸に力は入るけど、普通に立った状態で動かすことはできないです。

酒井 ちょっとした夢ですよね、おっぱいをピクピクさせるのは。

こういったトレーニングもやりすぎには注意!?