【私のダイエット食】インストラクター・飯山律子の場合

ダイエット中の人は、いったい何を食べているのか。減量に励む人たちに日々の食事を紹介してもらうこの企画。今回は、ボディビルコンテスト出場に向けてダイエット中のインストラクター、飯山律子さんのお弁当です。

 
お弁当
白米100g、ブロッコリー100g、ゆで卵の白身2個分、ライトフレークツナ一缶(70g)

炭水化物を完全にカットすることなく、白米をしっかり摂っている点が体を動かしているアスリートらしいセレクト。タンパク質はしっかりと確保しつつ、ブロッコリーで緑黄色野菜も補給できるメニューになっています。
「減量初期は炭水化物にさつまいもなども使っていたのですが、体重の落ち方が悪いのでカットしました。また、塩麹につけた鶏のむね肉100gを食べていましたが、今はツナに変更してコンテストに備えています。減量スタート時は体重59kg、体脂肪28%くらいあったのですが、現在は体重52kg、体脂肪19%です。ここらあと2キロ絞ります」


飯山律子
フリー・インストラクター。指導歴約7年。エアロビクス、筋トレ&コンディショニング、ストレッチなどのレッスンで東京、埼玉、千葉で活動。今年はボディビルに初挑戦。6月の東京オープン選手権大会、7月の東京クラス別選手権大会に出場。