【胸肉365】きのこの胸肉炒め

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はおもてなし! きのこの胸肉炒めをご紹介。

油を使わずに、素材の力を引き出す

舞茸はキノコの中でも栄養成分が豊富です。エリンギは食感が楽しいですね。胸肉の旨味を封じ込めて、キノコの水分をぎっしり詰め込み美味しく召し上がって下さい。※ダイエットなどされていない、一般の方は少量のバターをいれると香り味が引き立ちますますのでお試し下さい。


①材料は舞茸、エリンギ、調味料で醤油、塩少々です。


②フライパンを温め、キノコを敷き詰め、塩少々をふり、弱火で蒸し焼にします。


③透明に色が変わり、キノコの水分が出てきたら蓋をとり、少し蒸発させます。醤油を大さじ1入れ、弱火で炒めます。


④ジューシー胸肉か、生胸肉をいれ軽く炒めます。きのこの水分を蒸発させながら、弱火でいためるのがポイントです。


⑤キノコの水分が凝縮してきます。

【完成】

キノコ、胸肉の旨味を封じ込めて美味しく召し上がれ

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。