【胸肉365】どーんと、にんにく焼き×ジューシー胸肉

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、奄美の鶏飯。家庭での簡単な作り方です。

とにかくニンニクが食べたい!

スタミナ食材の代表「ニンニク」。一粒食べれば元気パワー100倍! 火を通すと香り食欲をそそる独特な甘さがたまらない。ビタミンB6の含有量は食べ物の中でもトップクラスです。ほかにミネラル、アミノ酸などをバランスよく含んでいる栄養価の高い食材。ニンニクにのアリシンはコレステロール値を下げて血液をサラサラにするため、動脈硬化などの血管の病気予防に効果があり、血流が良くなるので冷え性が改善されるなど体にうれしい食材です。


材料はニンニク。調味料はオリーブオイル、塩、こしょうを使います。


①ニンニクの皮を剥きます。


②大きい物はスライスし、あとは丸ごと、皮のままフライパンへ。


③オリーブオイルをたっぷり注ぎ、炒め揚げる。


④こんがりしてきたら、ニンニクのできあがり。

【完成】

ジューシー胸肉に揚げたニンニクをのせて完成。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。