【胸肉365】はんぺん×お麩×好きなお野菜の胸肉しゃぶしゃぶ

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日ははんぺん×お麩×好きなお野菜の胸肉しゃぶしゃぶをご紹介。

寒い夜は鍋が最高のゴチソウ

冷蔵庫に余っているお野菜などを使って胸肉しゃぶしゃぶはいかがでしょう。毎日食べても飽きないのが冬のお鍋ですよね。はんぺんやお麩でお腹を膨らませ、薬味には唐辛子を使い「燃焼鍋」にするのも良いですね。身体を冷やさないように心がけてください。


①材料ははんぺん、お麩、レンコン、ネギ、水菜、小松菜、足パラなど。調味料は昆布、唐辛子を用意してください。


②胸肉は半分に切ります。


③筋肉に添ってスライスします。


④昆布を入れて鍋に湯を注ぎ沸騰したら、野菜を入れます。


⑤はんぺん、お麩はすぐに火が通ります。スライスした胸肉をしゃぶしゃぶし食べる。

【完成】

胸肉しゃぶしゃぶでポカポカ! お好みで醤油、ゴマ、味噌につけて召し上がれ。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。