【胸肉365】ふるさとの食文化 vol.2「鳥胸×鴨胸 すき焼き」

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はふるさとの食文化 vol.2「鳥胸×鴨胸 すき焼き」をご紹介。

ヘルシー&ゴージャスで食卓をにぎやかに!

10月29日は「国産とり肉の日」でしたが、胸肉365では毎月29日を肉にちなんで日本ふるさと名物料理をご紹介していきます。今回は、鳥胸×鴨胸でつくる「すき焼き」の作り方をご紹介します。鳥胸肉と鴨胸肉でつくるすき焼きなんて珍しいですよね。野菜をたっぷりとれるのも嬉しいですね。春菊にはβ-カロテン、 カリウム、カルシウムなどの栄養が含まれており、高血圧やむくみを予防する効能がります。様々なお料理に使ってみて下さい。


①材料は鳥胸肉、鴨胸肉、春菊、下仁田ネギ、生卵です。調味料は酒、砂糖(さとうきび糖)、醤油を準備してください。


②下仁田ネギは食感を楽しんでほしいので、切り方を変えてみましょう。出来上がりの時間も考えて切り方を変えてみるとよいでしょう。


③鳥胸肉、鴨胸肉をカットします。もしくは切っているお肉を用意します。


④鴨胸肉の油はバーナーで焼き色をつけ香ばしく仕上げる。匂い消し、油を除去する役割が有る。


⑤お鍋を熱して野菜をいれ、胸肉は余熱で火を入れていくと柔らかくて美味しい。


⑥生卵の旨味と胸肉が絡まって美味しいです。

【完成】

ヘルシーな胸肉と鴨肉の組み合わせがうれしいゴージャスな「すき焼き」を召し上がれ。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。