【胸肉365】もちもち胸肉りんごと島みかんの果実ソース

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はもちもち胸肉りんごと島みかんの果実ソースじゃがいもをご紹介。

果実の酵素で元気になろう

片栗粉をまぶすだけで簡単にもちもちジューシーな胸肉になります。お肉をコーティングして水分を逃がしません。りんごをすりおろし島みかんの酸味で引き締めるだけで果実ソースの完成です。お好みでオリーブオイルや塩など調味料をつかうのも良いでしょう。ですが健美食としては調味料や油を使わない方が有用なタンパク質を体中に巡らせることができるでしょう。食は宝です。毎日の食が美しさを育てます。


材料/りんご、島みかん(シークニン)果汁100%

※野生の島みかん100%を使用しています。徳之島の大地の恵み。10年ほど前から奄美群島の食文化を伝承するお手伝いをしています。温習みかんの60倍のビタミンC、ヘスペリジンはシークワサーの1.5倍の成分があります。
(500ml冷凍で生果汁を特別に販売)商品に関するお問い合わせ※info@toneya-inc.com

調味料/りんご、島みかん(シークニン)果汁100%
りんごも皮をしっかり洗いましょう。そして丸ごとミキサーにかける。農薬はもちろんですが灰汁もとるので、ベジセーフで野菜を洗うと安心して丸ごと食べられます。

①りんご1個ミキサーにかける。(すりおろし可)

②島みかん果汁をお玉1入れ、ミキサーにかける
※お好みで蜂蜜、オリーブオイル、塩を入れる

③胸肉はスライスする

④片栗粉をまぶす

⑤沸騰した湯にスライスし片栗粉をまぶした胸肉を入れ、火を止める

⑥ふたをし、蒸らしながら中まで熱を通す

⑦胸肉はピンク色から白っぽくなれば火が通っている証拠。お皿に並べソースをかけたら完成です

【完成】

果実ソースたっぷりかけて召し上がれ
 
 
 
 

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。