【胸肉365】もちもち鳥と焼きキノコそば

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新! ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は、もちもち鳥と焼きキノコそばをご紹介します。

片栗粉をまぶして茹でてモッチモチ、プッリプリ

プッリプリの胸肉の弾力は片栗粉コーティングのおかげ。鳥南蛮そば的にいただくだけでもおいしいのですが、秋の味覚キノコを蒸し炒めし旨味を凝縮させているので、蕎麦に絡めて食べるとより一層美味しいです。キノコのビタミンが嬉しい1品に仕上がっています。


材料は、エリンギ、乾燥椎茸、えのき、乾燥そばを準備します。調味料は醤油、みりん、昆布を使います。


①お好みのそばを用意します。


②昆布を入れて出汁を合せる。


③皮がついた鳥胸肉を入れ煮る。


④塩小さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1を入れ煮る。


⑤お好みで生姜を入れる。


⑥刻んだネギを入れ火をとめる。


⑦キノコ類を蛍火で蓋をしてキノコの水分で5分蒸し焼きにし、蓋をしたまま火を止める。


⑧エリンギを裂くときは手ですると食感がよくなります。


⑨たっぷりのお湯でそばを茹でます。


⑩片栗粉をまぶした胸肉をそばの茹で汁で軽くゆでておきます。


⑪きっちり時間を計って茹でたら、冷水でしめます。

【完成】


冷水でしめる。器に盛ったらできあがりです。お好みで刻み海苔をのせます。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。