【胸肉365】アスパラ、じめじ、紫ニンジン、レンコンの蒸し焼き

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、季節の野菜を使った蒸し焼き。

塩で素材を楽しむ料理

とにかく温野菜で身体の中を温めよう。野菜の旨味を引き出すには低温調理がおすすめ、最後に焼き色をつけたら、その香りと味がスパイスになります。バーベキューをイメージして下さい。アートの秋! 盛りつけをこだわるとより一層楽しいですよ。


材料はレンコン、アスパラ、ニンジン、しめじ、にんにく、コーンを用意。調味料は塩だけでシンプルに作れます。


①にんにくを炒めフライパンに香りをつける。


②それぞれ,同じ大きさに切った具材を炒める。


③ふたをして軽く蒸し焼きにする。


④焦げ色ができたら、火を止める。そのときジュージー胸肉もフライパンにいれておきます。余熱であたたかくなります。

【完成】

木のプレート等、お洒落なお皿に並べましょう。野菜の彩りがより豊かになります。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。