【胸肉365】アスパラ×豆乳

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、アスパラ×豆乳

ヘルシーで優しい豆乳と利尿作用のあるアスパラ、
野菜の甘みを心身ともに感じながら、体調を整えてみては?

 
アスパラガスは春から初夏にかけてが旬として最もおいしい野菜ですが1年中日本各地で栽培しているので、1年中楽しめる食材です。古くから利尿作用や健胃作用があると言われています。 ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを多く含みます。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名されたんですよ。


材料:アスパラ、しめじ、パプリカ、タマネギ
調味料:豆乳、塩、胡椒など

①野菜を刻む。
※野菜を同じ大きさになるように刻むと調理時間、味、食感のバランスが良いです。

②具材を炒め、豆乳をコップ1杯入れ、野菜がしなっとなるまで煮ます。
※ふたをして煮ると時短になります!

③鶏スープを入れる。

④少々のお塩で味付け

⑤具材をかけるだけ。
 

【完成】

※お好みで、醤油を数的たらすとコクが深まります。

ジューシー胸肉の作り方はこちら

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。