【胸肉365】アボカドと貝割れのコショウ和え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はアボカドと貝割れのコショウ和えをご紹介。

栄養価の高い食材で元気もりもりレシピ

アボカドは野菜と思われがちですが、果物の一種。果物界の中では群を抜いて栄養が豊富なため「世界一栄養価が高い果物」としてギネスに認定されています。そんなアボカドは、10種類以上のビタミンと、10種類以上のミネラルを豊富に含んだスペシャルフルーツ。栄養満点の高カロリー森のバター「アボカド」で食事のバランスも整えて下さい。貝割れとコショウの辛みが絶妙。切り方を変えるだけで、テーブルも華やかになります。


①材料はアボカド、貝割れを使います。調味料でコショウ、塩を使います。


②2つに割ります。


③半分はサイコロ台に切り目を入れます。


④半分は種を取り、土台をつくります。


⑤3種類に切り分けると、見栄えも楽しめます。


⑥貝割れの根をとり、を2つにカットします。


⑦このようにスプーンですくうと全てとれます。


⑧塩を適量に加えます。


⑨コショウを多めにすると、風味が出ます。


⑩サイコロ台にカットした胸肉と全体を混ぜ合わせます。

【完成】

クリーミーなアボカドとコショウのコンビネーションが美味しさを際立たせます。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。