【胸肉365】サラダ白菜とクコの実のハチミツ酢和え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はサラダ白菜とクコの実のハチミツ酢和えをご紹介。

ほんのりした甘味がホッとするサラダ

柔らかいサラダ白菜を使って、歯ごたえの良いサラダです。クコの実、ハチミツ、お酢でシンプルに素材を和えるだけの、ほんのりした甘味が「ホッ」とするサラダに仕上げました。
材料/白菜、クコの実
調味料/塩少々、胡椒少々、ハチミツ、お酢
①葉もの野菜はしっかりあらう。野菜洗いの水が無い場合、60度で10秒、50度で1分、その後冷水であらうと良い
②白菜を千切りにする
③軽く塩をふり塩揉みした後、ジューシー胸肉を切り、ハチミツ大さじ1をいれあえる
④お酢を大さじ1入れてあえる
⑤塩、胡椒少々入れて味を整る
⑥クコの実を大さじ1いれてあえる

【完成】

あっさりとした甘みを感じる癒しサラダです

※野菜はベジセーフで洗うと安心。野菜のえぐみも消え、色、味、保存も長持ちしますよ。まず、使ってみて下さい。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。