【胸肉365】ターツァイと舞茸のグリル

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はターツァイと舞茸のグリルをご紹介。

バーベキュー気分

弱火で焼いて素材の味を楽しめる1品です。有機野菜のターツァイを買ってみました。ですが野菜も胸肉もベジセーフで洗ってあげています。素材の味を丸ごと食べたいのでちゃんと洗ってあげましょう。ミネラルイオンなので水栄養の吸収率も上がっているようですよ。


材料/ターツァイ

材料/舞茸
調味料/塩、醤油少々

①野菜はベジセーフで洗うと安心。野菜のえぐみも消え、色、味、保存も長持ちします

②裏返して一枚ずつ葉をとる

③グリルなので中央の柔らかい部分を使う

④半分に切る

⑤食べやすく7から8等分に切る

⑥フライパンを熱したらターツァイ、舞茸を入れ塩を軽くふる

⑦弱火で、蒸し焼きにする

⑧ターツァイを取り出し皿に盛る、反面のみ焼く

⑨旨味の水分を舞茸にすわせながら水分を飛ばし、焼く
⑩胸肉を入れて一緒に焼き、醤油少々入れて香ばしく仕上げて完成

【完成】

グリルを楽しめる器に盛り付けよう

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。