【胸肉365】レタス×みかんのサラダ

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、レタス×みかんのサラダ

和えるだけ! それなのにめちゃくちゃ美味しい。南国やカリブ海? を思わせるサラダの完成です。お試しあれ

レタスは約95%が水分でできているため低カロリー食材。β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などのビタミン類やカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル分、食物繊維などを幅広く含みます。果物や柑橘みかんと合わせることで爽やかになります。酸味のある島みかんやカボス等、緑の柑橘を使うとよりビタミン効果抜群です。


材料:レタス、温州みかん
調味料:オリーブオイル、塩少々、島みかん(シークニンやカボス)


①みかんを輪切りにしたあと小さく4つに切る。

②島みかんをカットする。

③島みかんを搾り、そのままボールに入れ、オリーブオイルを多めに注ぐ。

④塩少々を入れる。

⑤レタスを入れる。
※手でちぎって下さいね。味も染みやすく、角がなくなり、食べやすくなります。

⑥繊維に添って裂いた胸肉を一緒に和える。
※野菜、果物からでた汁は捨てないで。鶏肉に染み込みます。

【完成】

ジューシー胸肉の作り方はこちら

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。