【胸肉365】南蛮風胸肉のゆずはちみつ甘酢餡

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は南蛮風胸肉のゆずはちみつ甘酢餡をご紹介。

ゆずの酸味と餡(あん)とのバランスが絶妙

胸肉を少量のオリーブオイルで焼き揚げる鳥南蛮風に仕上げました。アスリート用は油は押さえたいので焼き胸肉にゆず蜂蜜で作った甘酢餡と和えると、さっぱりしていて美味しいです。家族にも鳥南蛮を作ってあげて下さい。オリーブオイルで両面を焼くので少量のオイルで大丈夫です。焼き上げた後はキッチンペーパーでしっかり油を吸い取って下さい。


材料/ゆず
調味料/醤油、片栗粉、鶏出汁


①ゆずは刻んで蜂蜜を入れて和えておく

※ゆず蜂蜜としても使えるので、疲れた時、就寝前にホットで飲むのも良い

②胸肉にパン粉をつけて軽く焼き揚げる
※オリーブオイルは少量

③一口サイズに切る
※焼き上げた後はキッチンペーパーでしっかり油を吸い取る

④フライパンに、出汁お玉1、醤油大さじ1を熱す

⑤ゆず蜂蜜を大さじ1入れ一緒に熱す

⑥水とき片栗粉を作る

⑦フライパンにまわし入れゆず餡を作る

⑧焼き揚げた一口大の胸肉を餡と絡めたら完成

【完成】

ゆずたっぷりの酸味が焼き揚げた胸肉に良く合います。餡が旨さの決め手です。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。