【胸肉365】山芋×チーズ×トマトソース

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、山芋×チーズ×トマトソース

洋食屋さん気分で!

あつあつのグリル鍋、バーナーがあれば焼き色、香り抜群の簡単時短、鉄板料理が完成します。
山芋は、山のうなぎともいわれるほど高い栄養素があり、滋養強壮や疲労回復の王様食材なので、生で、焼いて,美味しく召しあがれ。



材料:山芋、チーズ、トマト、タマネギ、リンゴ
調味料:トマト、オリーブオイル、アンチョビ


①トマト1パック、オリーブオイル大さじ1、アンチョビ小さじ1、タマネギ、リンゴ半分をいれミキサーに×だけで美味しいソースが完成します。

②山芋を1cmにカットします。

③熱した鉄板に、山芋を敷き、そのうえにジューシー胸肉を並べます。

④トマト野菜ソースをたっぷりとぬります。

⑤チーズをのせる。

⑥ふたをして、1分焼く。

⑦バーナーでチーズを溶かし、焦がす。

⑧お好みでハーブでインパクト。オレガノ、パセリ、パプリカをふる。

【完成】

ジューシー胸肉の作り方はこちら

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。