【胸肉365】明太子和え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新! ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は、明太子和えをご紹介します。

栄養たっぷりで、超早の簡単おつまみ

辛子明太子(からしめんたいこ)は、たらこ(スケトウダラ)の卵巣を塩漬けにしたもの。明太子には糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や「ビタミンE」、「タンパク質」、「タウリン」、「パントテン酸」などの栄養が含まれています。ですが明太子等は塩分も高いので食べ過ぎは注意です。※美味しいたらこの見分け方は、「ふっくらしていて粒が大きく、皮が薄い」のがポイント。


材料は明太子、貝割れ。調味料はマヨネーズ少々使います。


①ジューシー胸肉を切り分けておく


②明太子を皮から外し、ほぐす


③マヨネーズを小さじ1から大さじ1をお好みで入れ混ぜる


④味を調えてめんたいマヨネーズの完成

【完成】

めんたいマヨネーズとジューシー胸肉と混ぜ合わせればできあがり

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。