【胸肉365】桜スモークの鴨出汁ゼリーサラダ

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は桜スモークの鴨出汁ゼリーサラダをご紹介。

自宅で簡単スモークチキン

桜チップとフライパンで簡単に自宅でスモークチキンが作れます。今回はほんのり香る仕上がりのレシピです。ドレッシングの変わりに鴨出汁を作りました。サラダといっしょにバリバリ、プリプリ食感が楽しめます。コンビニサラダを利用すると便利で時短になりますね。


調味料/ゼラチン粉、醤油、鴨出し汁みりん、鰹節
材料/市販のサラダ、サクラチップ

野菜はベジセーフで洗うと安心。コンビニ野菜のえぐみも消え、保存しても長持ちします
①あらかじめ鴨汁を作り冷ましておく。ゼラチンを水で溶かし沸騰させた鴨出汁に溶かしたゼラチンを入れ鴨汁ゼリーを作る

②冷蔵庫で固めておいた作鴨汁ゼリーを取り出す

③みじん切りに細かく切る

④胸肉は皮をとり、軽く塩をふっておく

⑤フライパンにサクラチップを入れ、台を置き、胸肉はアルミホイルの上におく

⑥蓋をして蒸し焼きにする。サクラチップの香りでスモークされる

⑦スモークされた胸肉を手で裂く

⑧サラダの上にスモークとゼリーをのせたら完成

【完成】

たっぷりのゼリーをのせて一緒に食べると美味しいです

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。