【胸肉365】海苔のワンタン風スープ

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はおもてなし! 海苔のワンタン風スープをご紹介。

磯の香りとワンタンが、身体にしみる〜

海苔はなかなか使うタイミングが無いという方も多いいはず。頂き物も多いのでスープにしていただいて下さい。お雑煮にする地方もあるくらいですので、鳥出汁に海苔をいれるのも美味しいですね。お正月のお餅が残っていたら挑戦してみて下さい。お好みでごま油を1滴たらすと香りが心にもしみてきますよ。


①材料は海苔、皮(ワンタンの皮、又は餃子の皮)。調味料は醤油、ゴマ、塩、柚子胡椒です。


②野菜を少し入れて、胸肉ペーストをワンタンの皮で包みます。


③鍋で湯を沸かし、ワンタンを入れます。海苔も一緒に入れましょう。余っている韓国海苔でもいいです。韓国海苔の場合は塩、ごま油がついているので調味量は気をつけて下さい。


④醤油大さじ1、塩少々で味を整えます。


⑤ごまを入れます。


⑥ワンタンは柚子胡椒でいただきましょう。


⑦たっぷりの海苔もちょっとしたぜいたくですね。

【完成】

たっぷりの海苔とワンタンの相性抜群です。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。