【胸肉365】赤ピーマンと情熱の真っ赤スープ

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新! ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は、赤ピーマンと情熱の真っ赤スープをご紹介します。

魅惑の赤で食欲アップ!

赤い物なら何でもOK。赤ピーマン、パプリカ、トマト、赤かぶ等……。色を食べるスープを考えました。トマトや赤ピーマンのビタミンはもちろんですが、紅葉の秋は、食卓を色鮮やかな食材で彩りたいですね。


材料は赤ピーマン。調味料は塩だけです。そして100%トマトジュースを用意してください。


①トマトジュースを鍋にかけ、赤ピーマンを入れ煮る。


②灰汁を取り除く。


③お好みで塩を振りかけます。

【完成】

器に移して完成です。鷹の爪を入れたら、辛みの効いたスープになりますので試してみてください。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。