【胸肉365】青唐辛子×セロリの旬野菜グリーンカレー

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、青唐辛子×セロリの旬野菜グリーンカレー

青唐辛の爽やかな辛さで、汗かいて気分アッップ!ミキサーを使って、旬の緑野菜で本格グリーンカレーをつくろう

免疫力を高める食材として知られている「唐辛子」。唐辛子は薬膳としての効能もあり、体を芯から温めて、胃腸を活発にし、消化促進、食欲を増進させます。発汗作用によって、体内の余分な水分を排出してくれます。薬効は冷え性、肩こり、腰痛、食欲不振、しもやけ等、期待大の食材。中南米原産で15世紀頃コロンブスによってスペインに持ち込まれヨーロッパに広がりました。唐辛子に含まれる辛み成分カプサイシンには、脂肪を燃やしエネルギーを高める効果もあることがわかっています。


材料:青唐辛子、セロリ、しめじ、ズッキーニ、いんげん、たまねぎ、にんにく
調味料:豆乳、コンソメ


①唐辛子、セロリを刻みます。


②適当に刻んだ唐辛子、セロリをミキサーにかけます。
※余った緑の野菜も入れて大丈夫です。

③鍋にうつし、煮ながら水分を飛ばします。


④ヘラでかき混ぜた時に、道ができたら煮詰まった証拠。
※野菜だけの水分で足りない場合、鳥のだし汁か水を入れなじませます。

⑤インゲン、しめじを食べやすいサイズに切ったものを入れます。

⑥ズッキーニも切って入れます。

⑦切った野菜がしんなりしするくらい中火で煮ます。

⑧豆乳コップ1杯を入れます。

⑨お好みでコンソメ小さじ1を入れます。

⑩予め調理済み、若しくは生の胸肉を投入し、火が通ったらできあがり。

【完成】

ジューシー胸肉の作り方はこちら

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。