【胸肉365】鳥の肉じゃが

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新! ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は、鳥の肉じゃがをご紹介します。

胸肉とジャガイモが奏でるおふくろの味

ふるさとの味、お母さんの思い出料理といえば、肉じゃが!という方も多いはず。醤油、みりんは日本料理、家庭料理の代表調味料ですよね。なんでも美味しくしてしまう万能な調味料を大さじ1の調味料で美味しく仕上げます。最後にごま油を入れると香りがいいです。肉じゃがは豚というイメージがありますが、鳥も牛も豚もよく合います。


材料はジャガイモ、ニンジン、タマネギです。調味料は醤油、みりんです。ハチミツとごま油はお好みで。


①野菜を食べやすいサイズに切ります。ジャガイモは4等分。


②お鍋に全ての野菜を入れ弱火で煮ます。水はお玉1杯でふたをします。


③野菜が透き通ってきたら醤油大さじ1を入れる。


④みりん大さじ1を入れ煮る。ハチミツを入れてもよい。


⑤水分が少なくなってきたら、ジューシー胸肉を入れる。


⑥ひと煮立ちさせます。

【完成】

野菜と胸肉をバランスよく盛り付けて完成です。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。