【胸肉365】鶏鍋

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、寒くなってきた時期にピッタリの鶏鍋です。

鶏出汁のスープが決め手!

先ず冷蔵庫へGO! 余った野菜はなんでも鍋に入れてしまいましょう。鶏出汁スープが全ての野菜の旨味を引き出してくれます。鶏を卵でたべるのが満足度100%。「シンプル野菜の鶏鍋」です。


材料はレタス、卵、豆腐、きのこ、ネギ、たまねぎ……など、冷蔵庫にある野菜をなんでも。調味料は醤油とジューシー胸肉を作った際の出汁を活用します。


①ジューシー胸肉の出し汁に昆布をいれておきます。沸騰したらスープの出来上がり。ジューシー胸肉を作り置きし、スープも冷凍保存しておくと便利です。


②生の鶏胸肉を常温に戻しておきます。


③薄くスライスします。好きな野菜も食べやすい大きさにカットします。


④残ったスープで〆のラーメン、おじや、鶏飯も格別です。

【完成】

あったかスープのシンプルな鳥鍋。季節の変わり目にピッタリです。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。