【胸肉365】鶏deアブラゾーメン

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新! ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は、鶏deアブラゾーメンをご紹介します。

ソーメンを美味しく食べる。炒めるのではなく、和えるイメージで作ろう

南西諸島で作られる郷土料理です。奄美大島では「アブラゾーメン」、沖縄では「ソーメンチャンプルー」。名前が変わるのが面白いですね。本来はスパムが入るのですが胸肉で低カロリーにしました。残っているソーメンの食べ方として、レシピ増やしてみて下さい。
ソーメンを炒めるのではなく、具材と出汁に和える感覚で乾燥椎茸の戻し汁や白だし醤油の水分を和えてください。ソーメンがダマにならないように手早く作るのがコツ。


材料はタマネギ、卵、乾燥椎茸、煮干し、塩、コショウ、椎茸のだし、白だし醤油


①少量の油をひき、タマネギをスライスし炒める。

②胸肉を入れ炒める。

③水で戻した乾燥椎茸、煮干しを入れ炒める。

④塩、コショウ、椎茸のだしを入れ炒める。

⑤ソーメンを固めに茹でる。

⑥炒めておいた具材に和わせ、炒める。

⑦あらかじめ焼いておいた薄焼き卵を刻み、一緒に炒めた白だし醤油を大さじ1を入れ、味を整えたら完成。

【完成】

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。