きれいな筋膜、しなやかな筋肉をつくる「KAZE® prep(カゼプレップ)」を体験(1)

最近、フィットネス業界だけでなく一般世間でもよく耳にするようになった言葉に「筋膜リリース」というものがある。鶏の胸肉などを調理するときに、肉の外側に薄い膜のようなもの。それが「筋膜」。筋肉を包み込んでいる筋膜は人の体にもあり、筋膜が縮こまっていたり、筋肉とくっついていたりすると、ウエットスーツを着込んだような、動きづらい状態になってしまうという。

その筋膜の走行方向や呼吸などに着目した、新しいリフレッシュエクササイズが誕生したとか。その名も「KAZE® prep(カゼプレップ)」。なんでも……、

K…筋膜
A…赤ちゃんの呼吸
Z…自重負荷
E…エクササイズ

の略なんだそうで、きれいな筋膜、しなやかな筋肉をつくることにより、体のゆがみや姿勢を改善する準備体操(prep=プレパレーション)らしい。

今回は、そのKAZE® prepをアイドルユニット「バクステ外神田一丁目」のメンバー、垣原綾乃さんが体験。インストラクター養成コースの講師を務めるパーソナルトレーナー、澤木一貴さんのもとを訪れた。

まずは綾乃さんの体の柔軟性をチェック。太ももの前の筋肉は柔らかいが、裏側は硬いことが判明


肩周りも、やや硬い

続いて動作をチェック。バンザイをしたままスクワットのようにしゃがんでみたり……

バーをまたぐ動作をしてみたり

ここまでは非常に優秀! というのも、綾乃さんのお父さんは元プロレスラーの垣原賢人さん。運動神経は受け継がれているようだ。


肩の可動域には左右差があるが、これは問題のないレベル

続いて体幹の強さをチェック。体を一直線に保ったままの腕立て伏せ。

ややお腹のあたりが下がってしまう。体幹の安定性には難アリか

「まず最初にチェックをして、問題点を明らかにしてからKAZE® prepを行います。綾乃さんの問題点は腿の裏側と肩の柔軟性、そして体幹の安定性です。それ以外は極めて優秀ですね」(澤木)

試しに前屈をやってみたら、つま先に小指の先が触れる程度。
「KAZE® prepでは体の最適化ができるんです。体が硬い人は柔らかくなり、弱い人は強くなります」(澤木)

次回、いよいよKAZE® prepを体験!

取材・文/藤本かずまさ

<取材協力>
SAWAKI GYM
東京都新宿区早稲田鶴巻町110 アークアイズB1階
http://sawakigym.com/