アミノ酸について知ってほしいこと 【アミノ酸の疑問解消vol.4】

© vitaliy_melnik – Fotolia

誰でも分かるジャガーさんのアミノ酸講座

ゴールドジムでサプリメントの開発にも関わるボディビルダーのジャガーこと佐藤貴規選手。今回は「アミノ酸」シリーズの4回目。ジャガーさんの解説で読者の皆さんも相当詳しくなってくれたことと思います。ジャガーさんが実際に摂取しているアミノ酸も、読者の皆さんにコッソリご紹介しちゃいますよ!

Q.「飲むだけで筋肉がつく!」というサプリメントはありますか?

実際に飲むだけで筋肉がつくというアミノ酸やサプリメントはないです。ある一点からピンポイントで見れば、確かに筋肉の合成を高めるスイッチを押すなどの働きは期待でき100%ウソとは言いきれませんが、現実に筋肉になるには沢山のプロセスが必要です。それはトレーニングであったり他の栄養であったり、とても複雑なプロセスを辿ります。飲んだだけで結果が出るのは非常に難しいはずです。

私もゴールドジムでサプリメントの開発に関わっているので、製品の効果については正しく伝えていきたい。できればサプリメントを販売・説明する側も注意してほしいし、選ぶ側も過大な宣伝を鵜呑みにしないでほしいと思っています。

Q.最近よく聞くHMBとは?

HMBはロイシンと近い働きがあるのでBCAAの筋肉を合成する働きと、グルタミンの筋肉の分解を抑制する働き、その両方に効果があると言われています。特に高齢者や、減量によって食事制限をしている人などには効果が出やすいというデータが出ています。ダイエット中や試合前の減量中の方には良いアミノ酸でしょう。

しかし、アミノ酸は決して魔法の薬ではありません。ただ摂取するだけは実際に筋肉とはならないことはお伝えしておきます。

Q.ドーピングチェックは問題ないの?

ドーピングテストで陽性になる心配はありません。アミノ酸というのはそもそも体の材料となるものです。筋肉の合成を高めるなどそれぞれの作用はありますが、実際に筋肉になるかというとそれは別の話。それにBCAAは筋肉を作るためのスイッチは押しますが、他にも色々な要素が絡まってきて、アミノ酸を摂っただけで筋肉になるということはないです。BACCやロイシンが筋肉の合成に効果的であっても、それはプロセスの一部です。それ以外の要素も満たして、はじめて筋肉になります。

そのためにはトレーニングが重要で、ロイシンを摂ることよりはトレーニングをした方が「スイッチを強く押せる」ことになります。あくまでウエイトトレーニングが主で、アミノ酸はウエイトトレーニングの効果を最大限発揮させるための材料となります。

Q.アミノ酸スコアの意味は?

簡単に説明すると、ヒトに必要なアミノ酸はそれぞれ量が違うんです。そして摂るべきアミノ酸には理想的な比率があるとされています。その理想的な比率のことをアミノ酸スコアと表しています。しかし量を摂ればカバーできるものなので、個人的には必ずしもアミノ酸スコアを重視する必要はないと思っています。

またアミノ酸スコアは日常生活における理想的な比率とされていますが、トレーニングではBCAAの消費が激しく、他のアミノ酸の需要なども変わってくるはずです。トレーニングにおいては必ずしもアミノ酸スコアが正しいとは言えないのではないだろうか…そんな疑問を持っています。今後、トレーニングに効果的なアミノ酸スコアの研究を重ね、自分の体で効果を確かめながら新しい製品を開発していきたいと考えています。

Q.最後に佐藤選手のアミノ酸メニューをコッソリ教えてください!

トレーニング前にBCAAを10gくらい摂っています。量についてはハードトレーニングを行っているつもりなので少し多めです。トレーニング後にはグルタミンですね。あと最近ですと体調管理といった意味で、朝起きたときと寝る前にもグルタミンを摂るようにしています。

BCAAなどは特に集中力なども充実しますし、実際に効果があったとの声も多く聞いています。タンパク質不足の状態や食事に問題があり少し栄養が足りていないという人ほど、アミノ酸の効果を体感しやすいと思います。アミノ酸は性別問わず、初心者からハードトレーニー、そして若い方からご年配の方までおすすめできるサプリメントです。ゴールドジムでも各種サプリメントを揃えています。ぜひトレーニングの効果を引き出すためにご利用ください。
(この項終わり)

佐藤貴規(さとう・たかのり)
1979年生まれ。株式会社THINKフィットネスにてプロテインやサプリメントの開発を担当。フィットネスプロダクツ事業部GGPグループ主任。現役ボディビルダーとしても活躍し、2007年~08年東アジア選手権65㎏級優勝。12年東京選手権優勝、日本クラス別70kg級優勝、全日本選手権7位。13、14年日本クラス別75kg級優勝。16年全日本選手権5位。

 
 
インタビュアー・立華徳之真(たちばなのりのしん)
パフォーマー。陸上競技・体操・バスケットボール・フィットネス・トレーニング・ジュニアスポーツ・体育施設運営管理・サプリメント・スポーツボランティアなどのスポーツ専門資格を所持。また柔道整復師・美容師・登録販売者・診療情報管理士として美容健康領域および出版・イベント・教育・ITなどの実務をこなす。パフォーマーとしては殺陣やアクション、神経系コーディネーションや能力開発など様々な分野で活動しているハイブリッド。AVEX Entertainment