トランポリンエクササイズで体幹を刺激!①【NaoのトライFit! 第11回】

ファッションモデルとして活動中のNaoさんがさまざまなジムやショップ、フィットネス空間を訪問・体験するこの企画。本誌が推す「ほどよい筋肉を身にまとった美しい体=美マッチョ」を実現するエクササイズを実際に体験してレポートしてもらいます! 今回は短時間でスゴいカロリーを消費できるというトランポリンエクササイズを体験。

こんにちは! Naoです。
私がいろんなエクササイズに挑戦するこの企画、今回はトランポリンエクササイズ!
名前は知っていますが、体験するのは初めてです。
遊び感覚でできて楽しそうなネーミングですが、1レッスンでの消費カロリーが900kcalもあるとか!
イメージと違ってハードなエクササイズなんでしょうか!?
ちょっと緊張しますが、行ってきます!

今回お邪魔したのはダイアモンドフィットネスの麻布十番店
こちらのトランポリンエクササイズはアルゼンチン生まれだそうです(トランポリンエクササイズにもいくつか種類があったのですね)。

レッスン時は照明を暗くして、音楽に合わせて動くようですが、なんかちょっとダンスっぽいですね。
私は初体験なので、レッスン前にインストラクターの方に指導していただきました。

これが使用するトランポリン。1人用なので思ったより小さいですね
ちょっとドキドキしながらのってみました

指導してくださったのはインストラクターの矢本真知子さん。まず教わったのが立つ姿勢です。

こうやって背筋を真っ直ぐにしたまま、骨盤から前傾させるのだとか

トランポリンといっても上でピョンピョン跳ねるのではなく、この姿勢で下に踏むようにするのがポイントなのだとか。そうすると、頭をほとんど動かさず、体幹で衝撃を吸収できるらしいです。

下に向かって踏む感覚だとか

やってみましたが、これが結構難しい! これだけ反動があるのに頭を動かさないって大変ですね。

頭が上下しないように気をつけて

上に跳ねると頭が動いてしまうから、下に踏むということなんですね。頭というか腰から上は固定する感じで、足だけ動かすようにすればいいのかな? 下に踏む時だけ少し力を入れて、上がるほうはトランポリンの反動を使うみたいです。

ちょっとずつわかってきました!
わかってくると楽しいですね!

ここからステップとか、上半身の動きもいろいろと入れていくようです。
次回はその様子をお届けします。

撮影/増谷茂樹