上腕二頭筋のトレーニングに挑戦【はじめてのパーソナルトレーナー⑥】

「トレーニングを始めたいけど何をしたらいいのかわからない」
「パーソナルトレーナーってどんなことを教えてくれるの?」
そんな疑問を持つトレーニング初心者の方へ送る企画【はじめてのパーソナルトレーナー】がスタート。“筋トレ美容室”ことUR CASTLEの協力のもと、VITUPが募集したモニターがプロレスラーの潮﨑豪選手のパーソナルトレーニングを3カ月間体験します。

今回のトレーニングは上腕二頭筋。潮﨑選手の自慢のパーツである豪腕です。名付けて「豪腕メソッド」。潮﨑選手のような豪腕を目指して(?)トレーニング開始!

まずはダンベルカールから。「肩の力を抜いて背中の力は使わないようにしてください」と潮﨑選手からアドバイス。負荷が重すぎるとどうしても背筋を使って上げようとしてしまうので、ダンベルの重さにも注意します。


続いてはバーベルカール。潮﨑選手がフォームのお手本を示します。たくましい豪腕に目がいきます。ダンベルカール同様、背筋は使わないこと。そしてもう一つのポイントは手首。「手首が返ってしまうとケガにつながるので巻き込むようにして上げてみましょう」と潮﨑選手。



3種目は潮﨑選手独特の寝転がってのインクラインカール。これはかなり二頭筋に強力な負荷がかかります。バーベルを持ったこともない初心者のMさんにはハードルの高い種目ですが、的確なアドバイスをしていきます。
「伸ばした時に腕を外に開くとヒジを痛めるので内側に絞るイメージで。カールは一度上げてから巻き込みます」
続くハンマーカールは動かし方が他のカールとは違うため、フォームが崩れないように軽い負荷でおこないました。




今度はタオルを使ってのカール。これはプロレスの道場でよく行われているもの。ここまでのトレーニングでだいぶ筋肉に疲労がたまっているので、相手の様子を見ながらギリギリの負荷をかけていきます。普通に10回、速く10回、ハンマーカールで10回を続けて1セット。


最後は自重カール。台を使用して完全に二頭筋だけに負荷がかかるようにして行います。上げる時だけでなく、下ろす時にも力を入れて負荷をかけます。悲鳴が上がるくらい十分な負荷がかかりました。
豪腕メソッドを体験したMさんは「腕がプルプルしてやばいです」と一言。少しだけ豪腕に近づけたかもしれません。

というわけで今回のパーソナルトレーニングはここまで!

自分もパーソナルトレーニングをしてみたいと思った方は
こちらからどうぞ→http://vitup.jp/search/t_search.php

取材協力=UR CASTLE(http://ur-hairmake.com/ur-castle/
潮﨑選手の試合情報はこちらから→(http://www.noah.co.jp/

取材・文/佐久間一彦