今日から始められるお手軽料理!【川﨑泰代の美筋食 第15回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。第15回はむくみの解消、そして下半身痩せについてのラスト。最後に、料理が得意でなくても簡単に作れるお料理をいくつか紹介します。とくにこれからの季節、秋冬に手軽に挑戦できるように、秋冬が旬の食材を使います。

今日から始められる! お手軽料理のご紹介

© kogamomama-Fotolia

柿と梨のスムージー
秋に旬を迎える果物を使った、さっぱりとしたスムージーです。

材料(1人分)
柿:熟したもの1個
梨:1/2個
キュウリ:1/4本
水:50ml
(お好みでキュウリ 適量)

①各食材をミキサーにかけられるサイズに切る。
②ミキサーに入れる。スイッチオン!
③完成!

ハーブティー
利尿(水分を排出する)作用のあるハーブを使います。ハーブは1年を通して手に入れることができるので、キュウリやゴーヤなどの夏野菜が手に入りづらくなった季節も安心です。

材料(1杯分)
ジェニパーベリー:ティースプーン1杯
ペンネ:ティースプーン1杯
レモングラス:ティースプーン1杯
水:150~200ml

①それぞれのハーブを1:1:1の割合でブレンドする。
②ティーポットにハーブを入れて熱湯を注ぐ。
③数分おいたら完成!

© aijiro-Fotolia

豚しゃぶ鍋
疲労回復効果のある豚肉、カリウムが豊富な白菜をたっぷり使います。体を温めることができるショウガを加えて、秋冬の定番・お鍋でいただきます。

材料(4人分)
豚肉:400~500g
白菜:1/4個
きのこ(まいたけやえのきなど):1袋
わかめ:適量
にら:適量
昆布や鰹節など:適量
水:1500ml

①昆布や鰹節など、お好みの材料で出汁をとる。
②食べやすい大きさに切った白菜、きのこ、わかめ、にらを鍋に入れ火を通す。
③豚肉を鍋に入れ、火が通ったら完成!
④お好みでぽん酢しょう油で召し上がれ

構成/松川亜樹子


川﨑泰代(かわさき・やすよ)
フードコーディネーター。アスリートフードマイスター。食育インストラクター。IHクッキングクリエーター。小学生のころよりバレーボールを始め、以来スポーツが生活に欠かせないものとなる。「走るフードコーディネーター」として、自らもフルマラソンに挑戦するなどアスリートとしての顔も持つ。自身の経験から「強い体と心は『食事』で作られる」と言うコンセプトのもと、一般アスリートからトッププロまで幅広く食事を指導。現在はサッカーJリーグU-18育成選手の食事指導にもあたっている。テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活動している。
公式HP