史上空前のお尻ブーム到来!?【筋トレ女子会 ぶっちゃけトーク! Vol.6】

ゴールドジムに通うキャリアウーマンの酒井さん、コンテスト出場経験もあるOL、花しずかさんが筋トレ女子の日常について語るこのコーナー。今回は、今のトレーニング業界を賑わしている「お尻ブーム」について。
聞き手/VITUP!編集部

<写真左>花しずか
1986年8月17日、東京都出身。トレーニング歴は約2年。コンテスト出場を機に“筋肉の世界”にガッツリはまり、「10時と3時のおやつはプロテイン」という筋トレ大好き系OL。趣味は映画鑑賞、テニス、格闘技。好きな種目はベンチプレス。

<写真右>酒井菜穂子
1976年9月24日、熊本県出身。普段は金融系の企業に勤めるキャリアウーマン。トレーニング歴は約3年。“巨乳”になるべくインクライン・ダンベルフライで大胸筋上部を強化中。趣味はDIY、アロマキャンドル作り、石鹸作りと気になるものはなんでもやってみる性格であるも、熱しやすいが冷めやすく…。「ただ、トレーニングだけは長く続いています!」
 
▲女性のあいだでニーズが高まりつつあるお尻のトレーニング。VITUP!でも「P-Hipのつくり方」でお尻のためのエクササイズを紹介

酒井 目指している人っているの?

花 いる。絶対にその人と同じにはなれないんだけど、目標は高く持っています。

酒井 ちなみに誰?

花 ペイジ・ハサウェイという人。フィットネスビキニという競技のプロ選手です。憧れの対象って、どうしても海外の人になっちゃう。アジア人にはないものを持っているから。

酒井 ああ、なるほどねえ。でかいよね、お尻とかも。でかいのに、かっこいいという。

花 今の日本でも、「ビクトリアズシークレット」のモデルたちに憧れてトレーニングを始めたという女性は多いと思います。あのモデルたちのようになりたいって。あのモデルの人たちも、ショーの2週間前には合宿してトレーニングを行うんです。みんなスーパーモデルだからウォーキングはできる。舞台慣れもしている。では、ショーの直前に何をやるかといえば、トレーニング。バキバキにはなるくらいまでは絞らないんだけど、キュッと引き締まった体に仕上げる。

酒井 バキバキにしないで仕上げるってすごいよね。

花 スクワットなどの筋トレをしっかりとやっているから、できるんでしょうね。昔のモデルは絞りすぎちゃっていましたから。今のモデルの人たちは、確か体脂肪率17%パーセント以上はあるはずです。でも、視覚的には17%以下の体に見える。昔は日本人のモデルに憧れることが多かったんですけど。

酒井 ガリガリのね。

花 そう、その時代はみんなガリガリが評価された。胸のボリュームはほしいけど腰とお尻はとにかく細く、みたいな。でも、今はお尻のボリュームもほしいという人が多い。

酒井 みんな「お尻を大きくしたい」って言ってるよね。

花 今、お尻ブームがきてます。昔はみんなお尻の脂肪吸引もするって言っていたけど、今は逆にお尻にシリコンを入れたい、みたいな。時代って怖いですよね。

――「お尻を大きくしたい」イコール「男性からモテたい」ではない?

花 モテるのはボーナス的なものです。

酒井 そうそう、ご褒美みたいなもの。

花 お尻を大きくするのは、どちらかと言えば自己満足。男の子は「モテたい」という理由で筋トレを始める人が多いみたいですけど。

酒井 女性は「憧れ」から入る。ああいう、きれいな体になりたいって。

花 その結果、モテるようになった嬉しい。