室内でも屋外でも、誰もが楽しめるスポーツ【今から始められる“ゆるスポ” ガイド③】

誰でも楽しめる「ゆるスポ」を、運動再開のきっかけに!

© Bob – Fotolia

「ゆるスポ」というのは、「ゆる~いスポーツ」の意味ですが、厳格に定義は定めていません。ルールが簡単で、そんなに体の負担にならないスポーツです。そして、何よりも大切なのが誰でも楽しめるということ。今回も、そんなスポーツを集めてみました。「ジムに通うのはハードルが高い」と思ってる人は、こういうところから運動を始めてみてはいかがでしょう? もし、ほかにも「ゆるスポ」を知っていたら、ぜひ連絡をくださいね。

・チュックボール
概要:
コートのエンドライン上に置かれたネットにボールをシュートするハンドボール形式のスポーツです。ボールを奪い合ったり、パスカットしたりなど、お互いのプレーを妨害することがないため、 球技に不慣れな人でも気軽に楽しむことができます。
団体: 日本チュックボール協会
URL:https://tchoukball-japan.jimdo.com/
主な大会: 日本チュックボール選手権大会(3月)、チュックボール愛好者親善大会(3月)

・パドルテニス
概要:
硬式テニスに似たボールを、卓球のラケットを大きくしたような板状のパドル(ラケット)で打ち合います。多くのミニテニスの中でも、ルールや基本動作などがもっとも硬式テニスに近い競技ですが、ボールのバウンドやスピードがゆるやかなため、これから硬式テニスを始めようという人にも人気です。
団体: 日本パドルテニス協会
電話:03-3992-7378
URL:http://www.paddletennis.gr.jp/
主な大会: パドルテニストーナメント(各地域)、全国大会(全国持ちまわり)

・エスキーテニス
概要:
羽根のついたゴルフボール大のスポンジのボールを、木製のラケットでネット越しに打ち合います。羽根がボールのスピードを弱めるため、小さなコートで手軽にプレーが楽しめます。運動量も多く、経験を積むごとにさまざまなテクニックも必要となってくるため、初心者から経験者まで幅広い層に人気の競技です。
団体:日本エスキーテニス連盟
電話:082-251-1436
URL:https://esci-tennis.jimdo.com/
主な大会:全日本エスキーテニス選手権大会(年1回)