筋肉アイドル・才木玲佳①【人物クローズアップ「筋の旅人」】

トレーニング、練習に情熱を注ぐ人たちをクローズアップしていく新連載「筋の旅人」。今回は筋肉アイドル・才木玲佳さんをインタビュー。デビュー当時は「妹系」アイドルだった才木さん。いったいなぜ、マッスルの道をひた走るようになったのか。その履歴を聞いた。

「筋肉質な体にコンプレックスを感じている女の子たちに希望を与えられる存在になりたい」

――デビュー当時は、そんな体ではなかったですよね!?

才木 はい、慶応に通う普通の女子大生でした(苦笑)。その当時は、まさか自分でもこういう路線に進むとは思っていませんでした。

――いったい、何があったのですか?

才木 最初はダイエット目的でK-1のジムに通い始めたんです。サンドバックを蹴ったりミットを打ったりしていたら、トレーナーさんに「上手だね」と褒められたんですよ。そこで「試合に出てみたら?」と勧められて、その気になってしまいました(笑)。

――「ダイエット目的の運動」から「試合出場」に至るまでには、越えなければいけない精神的なハードルがあるように思えます。

才木 私はもともと負けず嫌いで、勝気な性格なんです。闘うことへの抵抗感はなかったです。学生のころは、この勝気な性格が勉強のほうに向かっていたんだと思います。私が勉強を休んでいる間に他の人たちに追い抜かれてしまうのがすごく嫌でした。そういった気持ちで毎日、受験勉強に取り組んでいました。

――そして2015年には本当に試合に出場しました。

才木 負けたのがすごく悔しかったです。だから、試合に出たからといって、そこでは達成感はなかったですね。

――そこから筋肉に惹かれていったのは?

才木 K-1の試合に向けて体をつくるためにウエイトトレーニングをやっていたんです。そのとき私を指導してくれていたトレーナーさんがベストボディ・ジャパンにも出場していたんです。そのトレーナーさんに「体を鍛えているんだったら、こういう大会もあるよ」とベストボディ・ジャパンへの出場を勧められて、ボディメイクにも興味を持つようになりました。だから、その時期はK-1の練習とボディメイクを同時に進めていました。

――子どものころ、かけっこは?

才木 速かったです。

――腕相撲は?

才木 まあまあ強いほうでした。高校生のときに修学旅行でイギリスに行ったのですが、現地の大学生との腕相撲があって、そこで優勝しました。

――速筋線維の塊のような体質なのかもしれませんね。トレーニングをして筋肉がついていくことに楽しさは?

才木 感じました。そのときは体脂肪率も計りながらトレーニングをしていたので、効果が数字になって表れるところも楽しかったです。毎日、鏡を見るのも楽しかったですし、周囲の人たちに褒められるのもうれしかったです。力こぶを褒められたり、始めたばかりのころは些細なことがうれしかったです。

――女性として、力こぶを褒められるというのは…。

才木 うれしかったです。私の力こぶは、褒めてもらえるほどすごいんだって。「もっとトレーニングをがんばろう」と思いました。自分にとってパワーになりました。

――アイドルがこんなにムキムキなっていいのだろうか、という迷いは?

才木 ありました(苦笑)。事務所としては、筋肉はできるだけ隠してほしいと(苦笑)。でも、今は公認なので。

――事務所公認の筋肉!

才木 そうなんです! だからトレーニングもノビノビとやっています。2016年の1月に「有吉反省会」に出演させていただいて、アイドルなのにムキムキなことを反省したんです。それを機に私の筋肉が世間にも知れ渡っちゃって…。そこで事務所も諦めたんだと思います。

――筋肉アイドルとして注目されるようになりました。

才木 私のコンセプトは「ムキかわ」(ムキムキしていてかわいい)なんです。唯一無二の筋肉アイドルとして、世の中に「ムキかわ」を広げられたらいいなと思っています。最近は女の子からファンレターをいただくことが増えてきたんです。「筋肉質な体にコンプレックスを感じていたけど、玲佳ちゃんから元気をもらった」とか「玲佳ちゃんの体に憧れています」とか。そういった声はすごくうれしいです。筋肉がついたら嫌だとか、筋肉質な体が恥ずかしいとか、そう感じている女の子は多いと思います。でも、そんな女の子たちに少しでも希望を持ってもらえるような存在になりたいです。

聞き手/藤本かずまさ 撮影/神田勲

才木玲佳(さいき・れいか)
1992年05月19日、埼玉県出身。アイドルグループ「Cheer♡1」のメンバー。2015年にはK-1アマチュア大会に出場。WRESTLE-1が設立したプロレスラー養成スクール・プロレス総合学院に入学し、2016年にプロレスデビュー。趣味は食べること、筋育(トレーニング)。