腹筋が割れない人っているんですか?【筋トレ女子会 ぶっちゃけトーク! Vol.2】

フィットネスジムのフロアの隅の方に設置されているトレーニングエリア。そこに足を踏み入れることにハードルの高さを感じている女性も多いはず。さて、この2人の場合はどうだったのか。ゴールドジムに通うキャリアウーマンの酒井さん、コンテスト出場経験もあるOL、花しずかさんに当時を振り返ってもらった。
聞き手/VITUP編集部

 


<写真左>花しずか
1986年8月17日、東京都出身。トレーニング歴は約2年。コンテスト出場を機に“筋肉の世界”にガッツリはまり、「10時と3時のおやつはプロテイン」という筋トレ大好き系OL。趣味は映画鑑賞、テニス、格闘技。好きな種目はベンチプレス。

<写真右>酒井菜穂子
1976年9月24日、熊本県出身。普段は金融系の企業に勤めるキャリアウーマン。トレーニング歴は約3年。“巨乳”になるべくインクライン・ダンベルフライで大胸筋上部を強化中。趣味はDIY、アロマキャンドル作り、石鹸作りと気になるものはなんでもやってみる性格であるも、熱しやすいが冷めやすく…。「ただ、トレーニングだけは長く続いています!」

――10時と3時のおやつはプロテインですか。やはり筋トレ女子にとってサプリは必需品なのですね。

酒井 でも、私はトレーニングをやっている割には、あまり栄養面は気にしていないかも。一時期はサプリメントにも凝って、いろんなものを買ってみたんですが、いまいちわからなくて。

花 私は甘いケーキを食べるくらいならプロテインを飲んだほうがヘルシーかなっていう感覚です。私、お肉も好きなんですよ。プロテインも飲んで、お肉も食べて…だと1日のタンパク質摂取量が多くなりすぎてしまうから、少しお肉を減らさないと。

酒井 積極的にプロテインを摂取して、みんなえらいなって思います。私、そのへんはけっこうテキトーなので。

花 でも、サプリメントのことを気にするのって、ある程度の体を作ってからのことだと思います。トレーニング初心者のうちは、トレーニングをやればやった分だけ体が変わっていきますから。サプリについてああでもない、こうでもないって悩むより、最初のうちは正しいフォームを習得するために、とにかく一生懸命にトレーニングをやってみる。そして、体がなかなか変わってこない、頭打ちの時期がきたときに「プロテインを飲もうか」「グルタミンも加えてみよう」とか、サプリについて考えればいいと思います。

酒井 確かに、女性はある程度トレーニングをすれば、すぐに腹筋が割れてきますからね。肩もモリッとしてくるし。

――そうですか?

酒井 え、違う!?

花 腹筋はなかなか割れないと思います。酒井さんは割れやすいタイプなんです。

酒井 そうなの?

花 私は、どれだけ頑張ってもなかなか割れてこないんですよ。腹筋そのものは強いんですけど、割れ目はないんです。

酒井 腹筋が強くても、割れない?

花 そう、板チョコのようにはならない。女性には多いと思いますよ、トレーニングをやっているのになかなか割れ目が見えてこないという人は。

酒井 そうなんだ。腹筋の形が左右でずれている人っているじゃないですか。私もそうなんです。そういう、ずれている人がいることは知っていましたが、なかなか割れない人がいるということは初めて知りました。みんな、トレーニングをすればすぐに割れると思っていました。割れない人っているんですね。

――そう思えるのは、自分を基準にして考えているからでは。酒井さんは子どものころは駆けっこが得意で、腕相撲も強かった?

酒井 そうでした。駆けっこも、人を追いかけるのも、逃げるのもすごく速かったです。

――もともと筋肉がつきやすいタイプなんだと思います。一般的なフィットネス施設は、有酸素系のマシンがフロアの大半を占めて、端っこのほうにダンベルとかバーベルとかのエリアがあります。

花 フリーウエイトのエリアがちょろっとある感じ。

――酒井さんは、そこにも堂々と入っていけそうな…。

花 私は最初、入っていきづらかったですね。女性はあまり行かないエリアですから。

酒井 確かに、ゴールドジム中野のフリーウエイトゾーンは、入りづらかったですね。私なんかが踏み入れてはいけない場所、というか。

――というか、ゴールドジム中野ってボディビルダーのメッカですよね!?

酒井 あのジムのフリーウエイトゾーンには、ハードルの高さをちょっと感じました。

――ちょっと(笑)。

花 最初は確かにハードルをかんじるんですが、一度足を踏み入れてしまえば、次からはそこで普通にトレーニングできるようになりますよね。1回入っちゃえば、「なんだ」っていう感じ。

酒井 たぶん、ゴールドジムへの入会も、最初はハードルの高さを感じる人が多いと思います。でも、入会しちゃえば、ジム内はアットホームな雰囲気だし、フリーウエイトゾーンでトレーニングしている人たちのマナーもいいし。トレーニングを教えてくれることもありあますから。ガリガリの人がフリーウエイトゾーンでトレーニングをしていても、バカにされることはないですから。ガリガリでも一生懸命トレーニングをしていれば、みんな親切に教えてくれますよね。

――みんなあったかい目で「頑張ろうね」という温かい目でみてくれる。

花 そうですよね。

酒井 スタッフさんだけじゃなくて会員さんも「なんかあの子、最近すごくがんばってるね」「体が大きくなったんじゃない?」って。みんなやさしいですよ。ただ、ガリガリなのにすごく横柄な態度でトレーニングをしていると、そういう人はバカにされます。(つづく)