足のトレーニングに挑戦【はじめてのパーソナルトレーナー⑧】

「トレーニングを始めたいけど何をしたらいいのかわからない」
「パーソナルトレーナーってどんなことを教えてくれるの?」
そんな疑問を持つトレーニング初心者の方へ送る企画【はじめてのパーソナルトレーナー】がスタート。“筋トレ美容室”ことUR CASTLEの協力のもと、VITUPが募集したモニターがプロレスラーの潮﨑豪選手のパーソナルトレーニングを3カ月間体験します。

 

これまでパーソナルトレーニングを経験してきて、とくにきついのが足のトレーニングというMさん。ならば足のトレーニングをやっていきましょう。「今回は道場でやるトレーニングも入れていきます」と潮﨑選手。まずはバーベルをかついでのスクワットから。ベンチ台を置いているのは、「まっすぐ座るように下す感覚を覚えるため」とのこと。また、下げられる位置が決まっているのでヒザへの負担も少ない。座ってから立ち上がる形で負荷をかけていきます。

続いてダンベルを持ってのランジ。一歩踏み込んでヒザが床につくくらいまで沈み込んでいきます。これは左右10回ずつやって1セット。続くレッグカールは潮﨑選手が負荷をかける形で左右10回ずつ。筋肉にどれくらい負荷がかかっているかを確かめながら力を調整します。

4種目はふくらはぎを鍛えるカーフレイズ。つま先立ちは日ごろから使う動きではありますが、バーベルで負荷をかけてやるのはMさんにとって初の経験。こちらも潮﨑選手が負荷をかけていきます。続く種目は「道場スクワット」とのことで、その前にオーナーの川島さんがレッドブルを差し入れ。

「道場スクワット」とは3種類のスクワットを続けておこなって1セットと数えるもの。パターン1は下した時にカカト重心→立ち上がる時につま先重心。パターン2は下した時はつま先重心→立ち上がる時はカカト重心。パターン3がつま先を外に向けてのスクワット。これを連続して10回ずつ行います。

つま先を外にしてのスクワットの時に背中が丸まらないように補助をする潮﨑選手。プロレス技をかけているように見えるのは気のせいです。

足のトレーニングの後は最後に腹筋を2種類やって今回のトレーニングは終了。「ふざけているわけじゃないんですけど、きついとなぜか笑ってしまうんです」とMさん。「それくらいになれば上出来です」と潮﨑選手。トレーニングはきつい顔をしてやるよりも、楽しんでやるほうがいいのでしょう。

というわけで今回のパーソナルトレーニングはここまで! パーソナルトレーニング体験も残りわずかです。

自分もパーソナルトレーニングをしてみたいと思った方は
こちらからどうぞ→http://vitup.jp/search/t_search.php

取材協力=UR CASTLE(http://ur-hairmake.com/ur-castle/
潮﨑選手の試合情報はこちらから→(http://www.noah.co.jp/

取材・文/佐久間一彦