遊びながら筋肉の名称や働きがわかる『筋肉かるた』が面白い!(潜入編2)

「筋肉家」に潜入(?)し、ちょっとビビっていた筆者に優しく声をかけてくださったのはラウンドフラットの社長であり、「筋肉かるた」の制作者でもある大内実さん。筋肉関係のマニアックな商品や書籍を多数制作されている割には、マッチョなわけでもなくとても柔和な方でした。

早速、本題である「筋肉かるた」を制作された理由から伺ってみることに。

大内 前職で3DCGを使った3次元動作分析のソフトを扱っていて、CGに出会い、筋肉のCGがあったので、それを使って何か面白いことができないかなと考え始めたのがキッカケですね。筋肉の名前と働きを覚えてもらうには何がいいかと考えた時、古来からあるかるたなら絵も見せられるし、読み札で働きも解説できると思い立ちました。

ーー「筋肉総選挙」なども開催されていました。
大内 かるたは45枚しかないという限定がありますので、掲載できる筋肉が限られる。それをどう選べばいいか? と考えた時に、ちょうどAKBや国政の総選挙があった時期だったので、この方法で選ぶのが一番だと思いました。ユーザーの方にも参加してもらえますし。

ーー政党があったり、ポスターを作ったり、だいぶ手間をかけていらっしゃいますね。
大内 選挙というからには政党が必要だろうということになりまして「大胸筋は何党だろう?」とか社内でもだいぶ揉みました。総選挙ですから比例代表も……と、どんどん手間がかかる方向に話が進んでいきました(笑)

ーーメジャーな筋肉ばかりかと思いきや、普通の人はあまり知らないような筋肉も選ばれています。
大内 こちらとしても意外な筋肉が選ばれたなという印象はあります。「オトガイ舌骨筋」なんて知らない人のほうが多いと思うのに、よく選ばれたなと思います。

ーー読み札も一般の方から募集されて決められたとか。
大内 そうですね。せっかく選挙で選ばれた筋肉ですから、読み札も皆さんから募集するのがいいだろうと。

ーーだいぶマニアックというか、知識のある方が書いているという印象があるのですが。
大内 弊社では筋肉や体の動かし方についての書籍や映像コンテンツなども作っていますので、その際お世話になった方々にも声をかけています。ですので、その道の専門家の方に書いていただいた読み札もありますね。もちろん、そういう方にも応募いただいて、その中から選んではいますが。

ーー購入した方からの声などは届いていますか?
大内 「子どもと一緒に楽しんでいます」という感想などをいただくと、やはりうれしいですね。あと、筋肉が45種類しかないことを惜しむ声はよく寄せられています。「ほかの筋肉も載せてくれ」と。そんなこともあるので、「筋肉かるた」の第2弾を企画中です。

ーーかるた以外にも色々と作られていますね。
大内 近いところでは「筋肉トランプ」や「骨かるた」なども作りました。でも、やはり圧倒的に「筋肉かるた」の人気が高いですね。みんな筋肉が好きなんですね(笑)

ーー「筋肉かるた」を使ったかるた大会も開催されているんですか?
大内 それは我々が主催しているわけではなくて、お正月にこそかるたを楽しんでほしいと理学療法士さん向けの専門学校さんなどに声をかけて、学内でのかるた大会を開催してその模様を送ってもらいました。動画を送ってくれたら景品を送るといったら、先生がわざわざ羽織袴姿で読み手をやってくれたりして、皆さんのノリの良さに感謝するばかりです。

ーーかるたの第2弾以外に、今後企画されていることはありますか?
大内 「筋肉のこと知っていますか?」検定というのを開催します。弊社で出している公式問題集『「筋肉のこと知っていますか?」筋肉まるわかり』から30問を出題しました。1級~3級までの3段階で、今回は3級を対象とした試験。残念ながら、第1回の解答期間は終わってしまいましたが、今年の秋から冬にかけて第2回を開催予定です。

「筋肉のこと知っていますか?」検定についての詳しい情報はこちら(http://www.kinken.org/contents/kentei/index.html)から、筋肉家についてはこちらから(http://www.kinnikuya.com/)。