【胸肉365】ジューシー胸肉の刺身 じゃがいものつま添え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はジューシー胸肉の刺身 じゃがいものつま添えをご紹介。

じゃがいも(馬鈴薯)を生でいただく

じゃがいも(馬鈴薯)は身近な健康美容野菜でデンプンが主成分。他のイモ類と比較すると糖分、カロリーも少なく、ビタミンB1、B6、Cが豊富。カリウムや鉄などのミネラルも多く含み、フランスでは「畑のリンゴ」と呼ぶそうです。熱を通していただくイメージが多いいジャガイモの生摂取のビタミンCの含有量は、ビタミンCの宝庫として知られるイチゴやレモン以上。今回はジューシー胸肉の刺身と題して、シンプルな1品にしてみましたが、刺身のつまとして千切りにし「生じゃがいもの千切り」甘味とシャキシャキとした食感も美味しく、まさに健美食。お腹にもたまり腹持ちが良いです。

材料/じゃがいも、しその葉
調味料/塩、彩りに真セリ、パプリカ

①じゃがいもを千切りにし、水にさらす

②水分を切る

③ジューシー胸肉をスライスしならべ、じゃがいもの千切りを添えたら完成

【完成】

彩り野菜を添えて召し上がれ

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。