【胸肉365】ケールで作るベジフルライスジュレ添え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はケールで作るベジフルライスジュレ添えをご紹介。

ベジフルライスジュレで健康サポート

ケールはスーパーフードとして有名ですが、農業起死回生の新たな食べ物「ライスジュレ」が開発されました。そのライスジュレを様々な料理に使いながら、胸肉365も充実させたいとおもいます。有用な糖質はお米からという考えも健康科学研究の中でも考えられているので、お米の持つ力もかりながら健康に、美味しい、美しい、楽しい「ベジフルライスジュレ」のお料理にしていきます。今回は更にスーパーフードも加えました。「長命草」もブレンドし温かいスムージーに仕上げました。

材料/ケール、ライスジュレ
調味料/リンゴジュース、長命草粉末、塩

①生のケールをちぎり、長命草粉末をいれる。リンゴジュース100%をいれてミキサーにかけ、スムージーをつくる

②スームージーを鍋にいれる。

③ライスジュレと一緒に低温で加熱しまぜる

④ベジフルライスジュレスープにジューシー胸肉をいれたら完成

【完成】

見た目は未来型お薬ですが、美味しくいただけます

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。