帰ってきた、勝手にプロテインナンバーワン決定戦【第8回】いつでも味わえる千歳飴~ナチュラル

美味しいプロテインナンバーワンを編集部の独断で決める「勝手にプロテインナンバーワン決定戦~ビーレジェンド部門・牛乳割りバージョン」もちょうど折り返しとなる7日目。中日に登場したのはリアクションに困るナチュラルです。ミルクと牛乳のコンビネーションはどう転ぶでしょうか?(※注=あくまでも個人の感想です)

VITUP!読者の皆さん、こんにちは。「勝手にプロテインナンバーワン決定戦~ビーレジェンド部門・牛乳割りバージョン」中日7日目を迎えました。ここまで牛乳割りのプロテインを飲んできて、より甘くなる傾向が見てとれます。そんななか、中日に登場したのは、こちら。

ナチュラルです。

ナチュラルとはミルク風味のこと。牛乳とミルクを合わせてまずくなるわけがありません。ある程度、味への安心感はあるものの、コメントに困る予感もします。それでは心を一つに「いただきます」。

「甘い牛乳ですね」(木村親方)

恐れていたことが現実に。味にとくに大きな変化なし。

「コーンフレークを食べた後の牛乳っぽくないですか? 私、あの残りの牛乳がすごい好きなんですよね」(新人N)

いちごミルクの残り汁といい、コーンフレークの残り牛乳といい、彼女はそのものよりも残りものが好きなようです。

「ちょっと甘いので甘さ控えめのコーンフレークと混ぜると美味しいんじゃないですか。オールブランみたいなやつに混ぜると健康的になりそうじゃないですか」(新人N)

「甘い牛乳だからそのまま飲むんじゃなくて、苦いコーヒーを割ってみたい。割りものとして使うといいかもしれないですね。まずくはないんですけど、インパクトがないですね」(木村親方)

「何かの味だなって考えてたんだけど、これは千歳飴だね」(佐久間)

「千歳飴って食べた記憶がないんですよね。いつ食べてるんですか?」(木村親方)

「千歳飴って人間は人生のうちに2~3回しか食べないんだよ。子どもは七五三のお祝いで食べるんだけど、長いから最後まで食べる途中で飽きちゃって親に残りが回ってくる。何年か前に食べた記憶が蘇ってきた。いつでも味わえる千歳飴って感じ」(佐久間)

千歳飴は七五三の時と、親になってからの残りものとで2~3回しか食べる機会がないってずいぶん極端な気がするし、一度も食べたことがないというのも極端な気がします。

「私は千歳飴すごい好きです。七五三とか関係なく買って食べてます」(新人N)

七五三以外で千歳飴を買っているというのもあまり聞いたことがない気がします。千歳飴って普通に食べるものなんだ……。

まとめると、ナチュラルの牛乳割りは、コーンフレークを食べた後の残りの牛乳のような感じで、千歳飴のような味ということですね。わかるようなわからないような例えですみません。
というわけで本日はここまで。明日からは後半戦突入です。

ビーレジェンド様の商品情報はこちら→https://belegend.jp/

文&撮影・編集部