メインはトレーニング? それともランチ?【川﨑泰代の美筋食 第23回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。身近なテーマに関する質問に答えてもらいます。今回のテーマはトレーニング後の食事について。

Q.ジムのスタジオレッスンに週2回参加しています。終わった後はお友達とランチをするのですが、そこで食べすぎてしまうせいか、なかなか痩せません。運動した後に食べたほうがいいものや、あまり食べないほうがいいものはあるのでしょうか?

A.ジムのあとに「あれを食べたいから頑張る」という方もいらっしゃると思うのですが、しっかりと食べてしまうと、やはり成果としてはつながりません。トレーニング後のランチがメインならいいのですが、痩せることが目的であればメニューを見て選んでいただくことが第一優先です。丼ものだとごはんの量が見えないので、結構なボリュームがあることも多いです。ランチのおすすめは定食。ごはんの量を減らすこともできますしね。あとはお店の選択も工夫が必要です。バイキングとかも、自分でセーブできるかできないかというところにかかってくると思います。自分で量と食べるものを考えることができるのであれば、バイキングは選択肢としてありだと思います。

レッスンをしたあとの体は消費をしにくくなっているので、内臓系に負担がかかってしまいます。たくさん食べるのは基本的にはよくないです。ドリンクも、できればオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどのクエン酸が入っているものを選んで、疲労の回復を重視するといいと思います。そこで炭酸にするか果物系にするかという違いは結構大きいです。他にはスムージーもいいですね。果物だけでなく、小松菜やほうれん草などの緑のものを入れるグリーンスムージーがイチオシです。

©n- stock.adobe.com

あとはアサイーのスムージーもいいと思います。アサイーは抗酸化の作用に関してはずば抜けていると思います。私はマラソンのあとにアサイーにバナナを加えて食べていますが、回復効果が早いなと感じています。
スタジオレッスンのあと、お友達とランチをするのは楽しい時間だと思います。そこで一工夫すれば、成果も上がってもっと楽しくなると思います。

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから