菓子パンやシリアルは朝食としてアリ?【川﨑泰代の美筋食 第24回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。身近なテーマに関する質問に答えてもらいます。今回のテーマは手軽な朝食のとり方について。

Q.私の家では朝食の習慣がありません。毎朝、家に常備してある菓子パンやシリアルなど、自分で食べられる範囲のものを食べて学校に行っていますが、体育がある日などはどうしてもお腹が空いてしまいます。親に頼らず、手軽に朝食にできるものなどがあれば教えてほしいです。

A.朝は頭や体を動かすためにも糖質を摂っていただきたいので、ご飯やパンなどは欠かさない方がいいでしょう。和食なら、ご飯や焼き魚、味噌汁といったバランスの摂れた朝食を心がけていただきたいところなのですが、朝食の習慣がないということなので、いきなりバランスの摂れた朝食は難しいと思います。家には菓子パンやシリアルが常備されているとのことなので、シリアルの中にバナナやイチゴなどの果物を加えたり、カットフルーツのパイナップルなどを利用してヨーグルトを足して召し上がっていただくのもいいと思います。

©Floydine – stock.adobe.com

菓子パンを食べるのであれば、ちょっとした野菜を自分で付け加えることをおすすめします。スーパーに売っている千切り野菜に、コーンや海藻類を混ぜて食べると手軽な朝食になります。菓子パンでも食べないよりはいいのですが、できるなら食パンなどの、よりプレーンなパンにチーズやハムをのせて食べたほうがいいです。

卵などのたんぱく質も加わるとより効果的です。もし可能なのであれば前日にゆで卵を用意しておくなど、朝時間に追われないようにすれば、朝食をしっかり摂る時間ができると思います。以前の栄養学では、卵はコレステロールが高いということで食べるのを控えている方もいらっしゃったと思いますが、今はタンパク質が豊富で栄養価が高い食べ物だと見直されています。昼に食べても夜に食べてもいいのですが、朝食が足りてないということであれば、サラダに添えたりするだけでもバランスの取れた食事になると思います。

サラダにお好みのドレッシングをかけるのもいいのですが、シンプルに塩と胡椒とオリーブオイルでサラダを召し上がっていただくと余分な油を取らず、ドレッシングを使うのであればノンオイルをお勧めします。

菓子パンでなく、プレーンなパンを常備しておく、茹で卵、サラダ、シリアルに牛乳をかける。そしてオレンジジュースなどビタミンが取れれば完璧ですよ。

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから