一日一本の野菜ジュースで栄養バランスは完璧?【川﨑泰代の美筋食 第25回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。身近なテーマに関する質問に答えてもらいます。今回のテーマは偏った食生活の改善方法について。

Q.スポーツインストラクターをしていますが、料理が出来ず、外食やインスタントに頼る毎日です。せめて野菜はしっかり摂らなきゃと思い、野菜ジュースを一日一本ペースで飲んでいます。これで食事の栄養バランスが取れていると思ってもいいのでしょうか。

A.野菜ジュースだけではバランスが取れていることになっていないので、しっかり他の栄養素も補うようにしましょう。栄養バランスは年齢や性別、運動の頻度によって質や量が違います。料理ができないのであれば、外食でもコンビニやスーパーなどのお弁当でもいいので、主食、主菜、副菜、乳製品や果物という、バランスの取れた献立にするということが大切です。農林水産省から出ている「食事の栄養バランスガイド」で一度、今のご自身の食生活で何が多く摂りすぎて、何が不足しているか確認してみるのもいいでしょう。

手作りばかりが全てではないので、インスタント食品、例えばインスタントラーメンに野菜を刻んだものを入れたり、卵を落としたり。あるいはレトルトカレーになすを輪切りにして炒めたものをのせたりして、プラスして補っていく方法もあります。

©gontabunta- stock.adobe.com

どんな野菜を使えばいいのかわからないという方もいると思うので、そういう方には旬の野菜を使うことをおすすめします。栄養価も季節によって違いますし、そのときの体の理にかなっている栄養素を摂ることができます。たとえば、夏だったら夏野菜のゴーヤ、トマト、きゅうりなどは適度な水分が摂れるだけでなく、疲労回復や夏バテ防止にもなります。

今は冷凍食品も美味しいものが多いですから、冷凍食品のチャーハンや餃子を食べるときなども、本当の野菜をどこかにプラスして、食卓に並べていただけたらと思います。野菜ジュースでも補える部分ももちろんありますが、本当の野菜を食べたほうがダイレクトに効きます。ジュースはあくまで補助的な栄養と考えていただいて、まずは頑張りすぎず、できることからスタートしてみてはいかがでしょうか。

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから