【INFO】スポーツ庁が熱中症事故の防止に関する注意喚起

©akiyoko‐stock.adobe.com

猛暑日が続く今年の夏。スポーツ庁が公式facebookにて、「運動部活動をはじめとしたスポーツ活動中の熱中症事故の防止について」と注意を促しています。

======
運動部活動を含むスポーツ活動中、依然として熱中症による被害が多く発生しています。今後7月下旬にかけて西日本と東日本で高温が続く恐れがあります。
スポーツ活動に関わる皆様においては、以下の点について周知徹底を図り、スポーツ活動中の熱中症事故の防止に向けて万全の対策をお願いします。

○気象庁が発表する情報や環境省熱中症予防情報サイト上の暑さ指数等の情報に十分留意し,気温・湿度などの環境条件に配慮した活動を実施すること。
その際,活動の中止や,延期,見直し等柔軟に対応を検討すること。

○活動前,活動中,終了後にこまめに水分や塩分を補給し,休憩を取るとともに,児童生徒等への健康観察など健康管理を徹底すること。

○熱中症の疑いのある症状が見られた場合には,早期に水分・塩分補給,体温の冷却,病院への搬送等,適切な応急手当等を実施すること。

○学校の管理下における熱中症事故は,運動部活動以外の部活動や,屋内での授業中においても発生しており,また,体がまだ暑さに慣れていない時期,それほど高くない気温(25~30℃)でも湿度等その他の条件により発生していることに留意すること。

併せて以下のサイト等も御活用下さい。
・環境省「熱中症予防情報サイト」
http://www.wbgt.env.go.jp/
・公益財団法人日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(平成25年4月改訂)
http://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid523.html
・独立行政法人日本スポーツ振興センター「熱中症を予防しよう -知って防ごう熱中症-」(平成26年3月)
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/anzen_school/bousi_kenkyu/nettyuusyo/tabid/114/Default.aspx
=====