大会前のアイスはなぜNG?【川﨑泰代の美筋食 第35回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。今回からは、高校バスケPRESSをご覧の生徒さんや指導者の方、保護者の方からいただいた質問に答えていただきます。

Q.私たちの部活では大会前になるとアイス、生クリーム、炭酸、揚げ物が禁止になります。揚げ物は消化に悪いから、というのは聞いたことがありますが、それ以外のものはなぜダメなのでしょうか。

A.アイス、生クリームに関しては脂肪分が多く、栄養素になるものがありません。脂肪分が多いということは、体重や体脂肪を増やすため、パフォーマンスに影響することが考えられます。また、アイスや生クリームを食べてお腹が満たされてしまうと、ほかのものを食べなくなり、栄養が偏ってしまう恐れもあります。

炭酸はコーラなどの炭酸飲料に関して言えば、砂糖を多く使っているので、先ほどのアイスや生クリームと同様に、栄養がないのに満腹感を与えます。また、糖分の多量摂取により体重や体脂肪を増やしてしまうことにつながります。炭酸によってお腹が膨張し、パフォーマンスが上がらないことも考えられますね。持久系のスポーツだと糖分を摂取することで持久力につながるという方もいますし、炭酸で胃に刺激を与えることで、食欲を沸かせるという効果もあるのですが、指導者の方々の経験などから大会前はパフォーマンスが下がる可能性のあるアイス、生クリーム、炭酸などは禁止されているということだと思います。砂糖の入ってない炭酸水でも大会前はお腹が張ったり、ガスが溜まって動きが悪くなる可能性があるので、控えたほうが良いと言えるでしょう。

@makieni- stock.adobe.com

揚げ物はころもについている油の量が多いので、脂肪がつきやすくなってしまうんですよね。やはり脂肪がつくということは体が重くなるので、パフォーマンスにも影響が出てくると思います。また、揚げ物は消化にも時間がかかるので、食べないようにしているスポーツ選手は多いです。大会前などは、鶏肉を食べるならば唐揚げよりも蒸したり焼いたりしたもののほうがいいですし、同じ食材のものでも、揚げるという調理方法ではないものを選択するようにするといいと思います。でも全く油を摂らなければいいかと言ったらそれは間違いで、アマニ油やえごま油、魚油などの良質の油(オメガ3)を上手に摂るようにしましょう

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから


川﨑泰代(かわさき・やすよ)
フードコーディネーター。アスリートフードマイスター。食育インストラクター。IHクッキングクリエーター。小学生のころよりバレーボールを始め、以来スポーツが生活に欠かせないものとなる。「走るフードコーディネーター」として、自らもフルマラソンに挑戦するなどアスリートとしての顔も持つ。自身の経験から「強い体と心は『食事』で作られる」と言うコンセプトのもと、一般アスリートからトッププロまで幅広く食事を指導。テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活動している。
公式HP