【一回転成功!】ドイツ発祥の新感覚スポーツ『ラート』に挑戦!②

ラートとは、2本の鉄の輪を平行につないだ器具で、さまざまな動きを競うドイツ生まれのスポーツです。基礎練習をたんまりと行ない、いよいよ今日の目標である、一回転にチャレンジ!

基礎練習を繰り返していると、吉田先生から新しい課題をもらいます。
「そろそろ回ってみましょうか」
練習開始から30分が経過し、早くも目標の「一回転」に挑戦することになりました。

一回転を前にして募る期待と不安を察したのか、吉田先生がアドバイスをくれます。
「今までターンの練習をしていましたよね。そしたらそのターンで勢いをつけて、あとはそのまま回るだけです」
話を聞く限り、凄く簡単そうです!!
頭の中に浮かんだ成功のイメージが消えないうちに、トライします。

「足をステップバーの上に乗せて、ベルトでしっかりと固定してあげてください。足の裏でステップバーを噛むような感覚で、しっかりと固定してください」

ラート歴余年のベテランの女の子たちも、足がベルトでしっかりと固定されているか確認してくれます。
「回転中、足は押さえますので、手は自己責任でお願いします。あと、目線が大事になるので、目線は正面に固定するようにしてください」

女の子たちも私の目線が正面に固定されるように、回転中、並走してくれるとのことで、いざチャレンジ!
ターンで左右に助走をつけながら、タイミングを伺います。

意を決し、大きく一歩を踏み出すと、ラートは一定の速度で進んでいきます。
進んでいくにつれて、重力が反転しながら体にかかってくるのが分かります。体が回転するにつれて、正面がどっちなのか分からなくなってしまいますが、手を叩きながら並走している女の子たちが、視線の方向を導いてくれます。

逆立ちの状態を通り過ぎると、今度はゆっくりと重力が元に戻っていきます。

見事一回転に成功です!

地面に立っているときとはまったく違う力が体にかかってきて、それがとても気持ちいのです。なんとも言えないこの感覚に、すっかり虜になってしまいました。

そして次は体を捻った状態で、一回転に挑戦します。
正面を向いて回転したときとは違う重力が体に効いてきます。早くも二つの技を取得し(補助付き)、すっかりラートの面白さに魅了されてしまいました。

何度も一回転を繰り返していると、またまた吉田先生から新しい課題をもらいます。
「次はペアで技に挑戦してみましょう」

どうやら二人一組でシーソーという技を教えてくれるそうです。
一体、どんな技なのでしょうか?!

取材・文/須崎竜太 写真/伊藤翼