サラダチキン王決定戦⑨~さわやかな転校生現る

クリスマスに食べたい№1チキンを決める「サラダチキン王決定戦」も中日8日目です。ガーリック、キムチチキンラーメンとインパクト系が続いたなか、今回はさわやか代表のようなレモンが登場。インパクトに負けないさわやかを発揮できるのでしょうか?(※注=あくまでも個人の感想です)。

エントリー№8 ローソンのレモン

「サラダチキン王決定戦」も折り返しとなる中日8日目です。ここでこれまでに登場したサラダチキンを整理しておきましょう。

初日=セブンイレブンのハーブ
2日目=ナチュラルローソンのチーズ
3日目=ファミリーマートの焦がし醤油(炭火焼きではない)
4日目=ローソンのスモーク
5日目=セブンイレブンのプレーン
6日目=ナチュラルローソンのガーリック
7日目=ファミリーマートのキムチチキンラーメン

偶然にもセブンイレブン→ナチュラルローソン→ファミリーマート→ローソンの順番で登場しています。順番でいくと、今回はローソンのサラダチキンのはず!

ローソンのレモンです。登場サイクル崩れず。前日のキムラーとは一転、さわやかな出で立ちでの登場です。

それではレモンのさわやかさに負けず、我々もさわやかさにいただきましょう。

「レモン感があるしみずみずしい」(佐久間)
「すっきりしてるから毎日でも食べられそう」
(親方)
「すっきりしすぎてて逆に一個食べると飽きそうな気がします」
(ミルキー)
「さわやかさだからサラダチキン界のハンカチ王子ですね
(※たとえが古い)(キャプテン)

全員が一口目からレモンのさわやかさを感じた一方で、食感の印象はまったく真逆の反応が!

「やわらかい。おばあちゃんでも食べられそう」(キャプテン)
「やわらかいですか!? 私は歯ごたえがあると思いました」(ミルキー)
「肉!っていう感じのやつよりはやわらかいんじゃない?」(佐久間)
「やわらかくはないですよ」(親方)
やわらかさの評価は真っ二つ。感じ方の違いなのでしょうか。

肉のやわらかさ問題はさておき、ローソンのレモンは、同じく「ローソンセレクト」のサラダチキンとのある違いがありました。第5回(4日目)で紹介したように、多くのサラダチキンがピロピロ式で開封するなか、ローソンのサラダチキンは横切り式。しかし、このレモンはピロピロ式なのです。

「ローソンの校風は横切りなのに、レモンはピロピロ。見た目も違うし、転校生みたいだよね。一人だけ体操着が違うみたいな。さわやかな転校生」(佐久間)

ハンカチ王子はさわやかな転校生。何の話かさっぱりわかりません。今日はここまで。明日からは後半戦に突入です。