【My Training Life】 Vol.04 遠藤亜紀(「超硬派武闘集団和志組」代表秘書)

アスリートから一般のトレーニーまで、それぞれのトレーニングとの向き合い方を紹介する連載「My Training Life」。今回は登場して頂くのは、「筋の旅人」でご登場頂いたプロレスラー・宮本和志選手の秘書・遠藤亜紀さん。宮本選手との出会いによって人生が大きく変わったという遠藤さんの、トレーニングライフに迫った。

「おばあちゃんになっても、100キロを楽々と挙げたい。やせ細った顔でお棺に入りたくないし、筋肉をつけたまま死んでいきたいです」

引き締まった体ではつらつと話す遠藤亜紀さんは現在、自らの仕事とプロレスラー宮本和志選手の秘書を兼務しながら、週に6日ジムで汗を流す。ハードなトレーニングを行う彼女だが、ジムに通い始めたのはわずか3年前。デスクワークが中心だった30代の頃は、体の不調に悩まされる日々をおくっていた。

「体重はマックスで64キロくらいあって、全身がふっくらとしていました。肩こりがひどくてマッサージ通いがやめられず、年に一回はぎっくり腰を起こす腰痛持ち。ぜんそくやアレルギー性鼻炎もあって、いつも疲れきっていました」

 

転機が訪れたのは、40代に入って間もない頃。Facebookでみたトレーニング動画に興味を持ち、知り合いだった宮本選手にパーソナルトレーニングを依頼した。宮本選手といえばボディビルやアームレスリングなどの経験を持つ、プロレス界屈指の力の持ち主。初めてパーソナルトレーニングを頼むには、ハードルが高く感じる人もいるかもしれない。だが遠藤さんにためらいはなかった。

「昔から、キン肉マンみたいな人が好きだったんです(笑)。トレーニングを始めるなら本格的にやりたかったし、やっぱりそういう人に教えてもらうのが一番いいなと思いました」

始めてからのめりこむまでに時間はかからなかった。トレーニングをするには朝の時間帯が一番いい。そう考えた彼女は転職して午後から行なえる仕事に就き、午前中は毎日ジムで汗を流すようになった。

「最初はただ細くなりたくて、筋肉がつくのは嫌でした。でも目に見えて筋肉がついてきたときに、『あんまりこういう人っていないよな』と思ったんです。そうしたら、もうドンドンやるしかないなと思うようになって。あとはやっぱり、指導者が良いのでドンドン重たいのを持ち上げられるようになって、その達成感にはまりました」

宮本選手とのペアトレーニングも、遠藤さんに大きく影響を及ぼした。

「彼の補助で高重量を支えたりしていると、女性の平均や基準がわからなくなってくるんですよね(笑)」

好きな種目はデッドリフトとベンチプレス。始めたころは80キロを持ち上げるのがやっとだったデッドリフトも、現在はトップサイドから260キロを持ち上げることもある。女性では通常20キロがやっとといわれるベンチプレスも、最近75キロを持ち上げられるようになった。

「名前通り飽きっぽい性格なのですが、トレーニングだけは続いています。腕とか僧帽筋とか、ここまできたらもっともっと大きくしたい(笑)。力もついてきたので、デッドリフト大会やベンチプレス大会のような、パワー系の大会にも出てみたいですね。将来的には、おばあちゃんになってもトレーニングをすることが目標です」

良い指導者と出会い、トレーニングによって人生が大きく変わった遠藤さん。トレーニーとして“生涯現役”を目指す。

 

取材・文/安多香子 撮影/佐久間一彦

★VITUP! アンケート★

【はじめたきっかけ】
ダイエット目的。素敵な40代を過ごすため。

【プラスになったこと】
慢性疲労が解消され、健康になったこと。

【好きな種目と理由】
ベンチプレスとデッドリフト。持ち上げると達成感があるから。

【モチベーションの保ち方】
海外のInstargamでトレーニーの画像を見る。

【やる気が出た一言】トレーニングパートナーに、筋肉が付いて凹凸のある身体になって、かっこよくなって綺麗だね!と言われたこと(ただ細いボディラインよりも素敵だと思えた)。

【トレーニングに求めること】
集中力!ダラダラやらないで集中してやること。とにかく45分間は集中。

【これからの目標】
おばあちゃんになってもトレーニングを続けること。