スパルタンレースを完走するまで~準備編②~

“世界一過酷な障害物レース”と呼ばれるスパルタンレースは、これまでもVITUP!で何度か取り上げてきています。でも実際にはどれくらいきついものなのでしょうか? それを知るために我々も参加してしまおう……というわけで、白羽の矢が立ったのが、私、須崎。ウォーミングアップを終え、いよいよ本格的なトレーニングの開始です。

ウォーミングアップですでに汗が出てきましたが、ワークアウトはここからが本番です。参加者はA、B2つのグループに分かれて、同時進行で別々のメニューを行なっていきます。私、須崎はAグループになり、スパルタンレースの公認コーチである、みちこSGXコーチとアダムSGXコーチからメニューのレクチャーを受けます。上半身、下半身、体幹と、さまざまな形で全身を鍛えていきます。まずはコーチがお手本を見せてくれました。

その①
錘を使用してのランジ。下半身にしっかり効かせるようにします。

その②
これは最後までどこを鍛えているかわからないままやっていたのですが、背中に乗せたスポンジが落ちない姿勢を保つことで、腹筋と背筋を鍛えています。

その③
力をうまく伝えるためのトレーニング。レースを想定して鉄棒に飛びついてからの着地の練習にもなります。

その④
一般的にもよく知られている「プランク」と同じように体幹を鍛えます。

その⑤
ロープをひたすら引きます。とにかく腕に乳酸がたまってパンパンになります。

紹介した5つのメニューをすべてやって1セット。各種目トレーニング1分×レスト30秒で2セット行ないます。コーチの見本を見ているときは簡単かなと思いましたが、体のコアな部分を追い込むため、普段眠っている筋肉を総動員させなければならないのです。日頃あまり使わない部位の筋肉はいつでも冬眠状態。これではいけません。

トレーニングの際に効かせるべき筋肉をしっかり意識しないとしっかり鍛えることができません。それぞれのトレーニングのポイントを説明してもらって、実際のトレーニングに入っていきます。

取材・文/須崎竜太 撮影/佐久間一彦

★スパルタンレース 2019年1stレースのエントリー受付中!
5月18日(土)東京ドイツ村で、今年1回目となるスパルタンレースの開催が決定しました!
申込・詳細はこちらから!