【新連載】マッチョ女子倶楽部② ダイエットのつもりがいつの間にかコンテストに(高橋夏美)

コンテストに挑む女性は何をキッカケにトレーニングを始め、どんな日常を送っているのか。そんな内容を阿部美早さんと高橋夏美さんに交互に綴ってもらう新連載。阿部さんに続いて、もう1人、高橋夏美さんが登場です。彼女は、どんなことがきっかけでコンテストに出るほどトレーニングに熱中するようになったのでしょう。

はじめまして! 女性の身体の美しさを競うコンテスト、フィットネスビキニ競技選手の高橋夏美です! 筋トレにはまって早6年……。気がつけばボディビルという世界に迷い込んでしまいました。どうぞ、よろしくお願いします。さて、連載タイトルは「マッチョ女子俱楽部」!! ということで、今回は私の“トレーニングを始めたきっかけ”からお話していきたいと思います!

最初にトレーニングを始めたきっかけは、ずばり! 当時、急激に太ったから(笑)

なぜ急激に太ってしまったかというと……。大学卒業後すぐにフィリピンに留学していた私は、1年中夏のあっつーいフィリピンでおいしい果物ばかり食べていました。いや、むしろほとんど果物しか食べてなかったおかげでスリムボディをキープしていたのですが、帰国後、日本食が美味しすぎて……。食べ過ぎた結果! 順調に成長し見事! 体脂肪30%オーバー……(笑)。正確には、34%くらいだったと記憶しています

ということで、本格的にダイエットをしようと決意し、ダイエット=運動だ! と思ってちょうど近くに新しくできたフィットネスクラブに入会しました! 最初は体組成計の測定結果も見たくないくらい現実逃避していて、「絶対に見たくない! 見せないで!」とトレーナーさんに言っていたのをよく覚えています(笑)。

結局、入会当初の体組成測定結果をみたのは3か月後でした(笑)。それまでは本格的にジムに通ったことはほとんどなかったので、マシンの使い方もイチからトレーナーさんに教わりました。始めてトレーニングをしたときは、マシントレーニングメインで全部が初めて使うマシンだったのでトレーナーさんに丁寧に教えてもらって少しずつ1人でできるようになっていきましたね!

たくさんの人にエクササイズの魅力を知ってもらえたらと思います

好奇心旺盛で知りたがりなので、一度ハマるとトレーニング方法などをどんどん自分で調べてマニアックなトレーニングをしたり……。いろいろな筋肉を調べてトレーナーさんに質問して困らせていたような気もします(笑)

ジムには優しいおじいちゃんもいっぱいいて! トレーニングはもちろん、おじいちゃん達に誘われてスタジオレッスンも当時はたくさん参加していました。トレーニングだけじゃなくて、年齢も職種も問わずいろんな方々と触れ合う機会があるのもフィットネスの魅力です!

おかげさま今ではスタジオレッスンも持つようになりました。好きこそ物の上手なれ! ですね! このころはボディビルなんて全く自分には無関係と思ってましたが……、人生何があるかわからないものですね。


たかはし・なつみ
1987年7月16日生まれ。東京都世田谷区出身。2014年、第1回大阪フィットネスビキニオープン選手権163cm以下級3位。2015年、第2回 オールジャパンフィットネスビキニ選手権163cm以下35歳以下級優勝。